カーナビのバッテリー交換しました!パイオニアの楽ナビが故障?

0516img

カーナビのバッテリー交換をやってみました。
といっても今回で5回目ぐらいになります。

使用ナビはパイオニアのカロッツェリアAVIC-51KV。

楽ナビと呼ばれる機種で買ったのは10数年前になります。

当時(約10数年前)買ってから1年半ぐらいたった頃に
データーが全てぶっ飛んでしまったんです。

当時は故障と思い修理をお願いしようかと思いましたが
修理費用もかかりそうとの事だったんで思い直しました。

ダメ元でやりはじめたバッテリー交換ですが・・・。。。

スポンサードリンク

カーナビのバッテリー交換を自分でやってみました!

過去に4回ほどバッテリー交換やったので意外とスムーズです。
今回で5回目ぐらいでしょうか^^。

きっかけは買ってから2年もたたない内に登録ポイントやら
履歴が全て消えた事からはじまりました。

メーカーに問い合わせたりもしましたが
どうも持ち込みか郵送での手配になりそう。

どちらにしても取り外しは必要な訳で。

なら、ダメ元でいいから自分でやってみようと試みた
所からスタートし今回で5回目の交換にいたった訳です。

恐らく自分でネジをはずすと保証の対象外になると
思われます。

なので壊れてもいい覚悟でやりました。

スポンサードリンク

カーナビはパイオニアの楽ナビ使ってます!

今使用中のナビはパイオニアのカロッツェリアAVIC-51KV。
もう10数年前に買ったナビになります。

カーナビ依存症になってからは20数年立つと思います。

最初に買ったのはソニーの4インチのタイプで
自律航法も何もないタイプでした。

会社の後輩と同じモデルを買ったのを思いだします。

この時に車に設置してはじめて走りだした時の感動は
今だに忘れられません。

今となっては当たり前ですが自分が走ってる場所がモニターと
連動して軌跡を描いてくれますからね。

30年ぐらいの人生でもこの感動はトップクラスだったのを
思いだします。

もうご飯も食べないで夢中になったもんです。
(後輩も同じ状態^^)

でそのナビが故障してしまったんです。

ナビがないと生きていけない症候群?に陥ってたので
速攻で新しいのを探しに行きました。

と同時にソニーのナビも修理には出しましたが。

ソニーのナビは完動品で戻ってから友人が欲しいと言うので
譲る事にしたので今はありません。

嫁ぎ先で元気に働いていると思われます。

でそのソニーのナビにはなかった自律航法のついた
モデルでプライスと共に気に入ったのが楽ナビでした。

これも自分で取り付けしました。

難しいのは自律航法の配線がどこにあるか解らなかったので
お店の人に聞いてがんばったのを思いだします。

その配線は車速パルスを取る配線です。
この線と接続する事でGPSが受信出来ない所でも
しっかりと軌跡を描けるようになります。

以前のソニーのはその機能がなかったのでトンネルなどでは
止まった状態のままでしたから。

それからバックセンサーの配線接続を電話で問い合わせしたり。
あの時はお忙しい中でアドバイスをくださり感謝です。

で現在は2つ目のカーナビで
パイオニアのカロッツェリアAVIC-51KVを今も大事に
使用させて頂いてます。

とは言え、はじめて買ったソニーのナビは本当に本当に
夢中になりましたね。

カーナビが故障したのかと思いましたが???

買ってから2年もたたない内にデーター類が全て
ぶっ飛んだので故障かと思いました。

保証も切れてるし、ダメ元で自分でやってみようと決意。

恐らく、バックアップをバッテリーでやってるんだと
思い、その交換ぐらいなら自分でも出来るのかなと。

今のほとんどの機種は内蔵メモリーなるものが存在してて
そこにバックアップされてるんだと思います。

もしかしたらバッテリー電池ってないのかな?

そこはよく解りませんが。

バッテリー交換の仕方

ここも自己責任になりますのでそこはご了承ください。

手順

車から取り外した本体を部屋に持ち込みます。

ボディーの左2ヶ所、右2ヶ所。
バック側4ヶ所のネジを外します。

上部カバーを外します。
これだけでバックアップ電源のある場所にアクセス出来ます。
05162img

以前はこの場所が解らずに必要ない所まで外して往生
しましたが(笑

でバックアップ電源はコイン電池でそれと同じ型番を
買って来ます。

そうそうこのボタン電池はハンダ付けされてました。

なのではんだごてをホームセンターで買い、
それを使い外しました。

結構、高温になるので注意が必要です。

で新しいボタン電池をハンダ付けして取り付けします。

けどこの作業が結構難易度高いです。

で新しい技を編み出しました。

その名は
「超極厚クッションサンドイッチ作戦」とでもいいましょうか!

言葉では説明しにくいのですが要は
プラス側とマイナス側がきっちりと接続されれば
いい訳です。

となるとはんだを使わずにこれを実現する方法。

つまり圧力を加えて配線が接地する状態を作れば
いい訳です。

4ミリ程度のやや硬めのクッションの内側に両面テープを
貼り接続部分を外側から貼ります。

プラス側とマイナス側の2ヶ所。

そこにボタン電池を挟み込み、はんだの代わりに
クッションで挟み込み接続をするという作戦です。

クッションと両面テープの強さとの相乗効果で
過去10年間は正常に動作しております。

ただ2年から3年で電池が無くなりデーターは
ぶっ飛びますが。

この作戦は過去4回成功しております。
期間は10年以上になります。

なので今回公開に至りました。

って言っても今もこの機種を使ってる人が
今いるのかどうか(笑

今も愛用している理由

正直な所、CDロムタイプだし、もうテレビも
受信出来ないし、いいかげんに買い替えたらと
思うかもしれません。

検索も遅いし地図も古いしと、あげたらきりが
ありません。

iPhoneの地図でも結構ナビしてくれますからね。

ところが位置や方向の正確さはiPhoneより群を
抜いてるのは確かです。

電波のない所でも関係なく軌跡をしっかりと
描いてくれます。

バッテリーを気にしないでいいのもひとつ。

それと車のエンジンキーとの連動がないのも魅力。

使いたい時に電源を入れるタイプです。
なので電源を入れない時はおやすみ期間です。

と理由を並べてましたが、本当は違うかもです。

何回も困った時に場所を教えてもらって
難なく目的地に行けたり、常に車に乗る時に
一緒にいてくれる頼もしい相棒。

普段は物静かだけど必要な時だけナイスな
アドバイスをしてくれる。

分解も何度もしてその度に元気になり
戻って来てくれてる。

なのですんごい愛着が湧いてるからかな。

もう10数年経ってるのにかわいがってる
理由はそこかもしれません。

数年後にお別れの時は「メリーゴーランド号」の
ような気持ちになるかもしれません。

「今まで大切にしてくれてありがとう」
「僕も本当に幸せだった」と号泣・・・。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>