iphone6s iphone6sPLUSの機能が衝撃的!で値段はいくら?

moto0911

iPhone6s iPhone6sPLUSの機能が衝撃的ですね!!
値段はいくらでしょうか?

デザインはほぼ変わらずに大進化を遂げたSシリーズ。

ワクワク感満載の気になる新機能を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク

iPhone6s iPhone6sPLUSの機能が衝撃的!!

デザインは,ほぼ変えずに大進化を遂げましたね。

☆カメラ機能も大幅に進化を遂げてます。

詳細は公式ページのデーターを見て頂くとして。

☆一番、強烈なのは「3D Touch搭載」。

新機能の目玉はやはり「3D Touch搭載」でしょうか!
まだ実際には触った事ないですが。
今まで何度もタップして移動し、呼び出してた手間が省けるんです。

メールを例に出すとメールを押す。
任意のフォルダーを押す。
各メールにたどりつく。
メールを開く。

最低3回タップしないといけません。

これが押し方の強弱ですぐにたどりつけるイメージでしょうか?
実際には?ですが^^;。

今も正直な所、手間とは思ってません。

でもこれに慣れたら今のがめんどくさくなるかもしれません。
今でも十分なんですがね。

指紋認証がそうでした。
指紋認証なんか不要。←こんなんいらんって思ってました。
ところがです。

iPhone6Plus買って、指紋認証使い出すともう戻れません。

iPhone5も使ってますがこっちは指紋認証が使えない。
なので余計に指紋認証の便利さが解ります。

スポンサードリンク

車のバックセンサーも不要。←こんなんいらんって思ってました。
ところがです。

車検でレンタカー借りたんですよ。
バックギアに入れた途端、後ろが丸見えです。

げっつ!よう見えるなぁって超感動。
買い替え時には是非付けたいです。

おっと、またまた脱線は悪いくせ。

そんな訳でまだ実際には使ってないですが「3D Touch搭載」に興味津津です。

3D Touchも使い出すと超便利でもう戻れなくなるんじゃないでしょうか?

サンフランシスコの動画を見てましたがはっきりとは解りませんでした。
が、とにかく便利そうなイメージを受けました。

早く早く、触りたいですね。

iPhone6s iPhone6sPLUSの値段は?

公式ページの価格表に値段を記入してみました。
一気に見れなかったので。
G_09-10 10.59
こう見ると各モデルのグレードアップ価格が12,000円だと解ります。

この12,000円を高いと感じるかどうかは、あなた次第です。

これまた感受性は人によって違います。

正直なところカメラ機能は今のままでも十分。
「3D Touch搭載」も不要だと思う人はSシリーズを買わなくてもいいのかなと思います。

Sシリーズは若干重くなるのでここも重要かもですね。
軽い方がいいなら現行モデルの方がいいかもです。

今のA8チップに対してSシリーズは速いA9チップになってます。
指紋認証のスピードも倍近く速くなってるとか。

う~ん???

迷いますかね?

デザインと厚さ

デザインは、ほぼ変更なしです。

厚さに関しては互いに0.2ミリ増。
なのでそんなに影響はないのかなという印象でしょうか?

ただこの微妙な0.2ミリの差がケースなどで微妙なフィット感になるかもしれません。

ぴったり型のケースだと慎重に買った方がいいでしょうね。
手帳型だと比較的大丈夫かもですが。

こればっかりは手にするまでは解らないかもです。

で今回、一番気になってるのは重さなんです。

iPhone6とiPhone6Sで14グラム増えてます。
iPhone6PlusとiPhone6SPlusでは20グラム増えてるんですよ。
これはもちろん強化のためや「3Dタッチセンサー」を組み込んでるのが理由だと思います。

この重さをどう捉えるかで選択肢が別れる気がします。

予約は12日(土曜日)16時1分からです

そうそうサンフランシスコの基調講演で映しだされた映像にパフュームが出てたとか。
最新のローズゴールド持ってスクリーンに登場したらしいですね。

これでローズゴールドの人気はさらに高くなりそうですね。

またまた、大分待たされる事になりそうですね。

1月、いや2ヶ月、それとも3ヶ月待ち?

そこまで待たないかもしれませんが^^;。
けど今のiPhoneってほんと安くないです。

⇒ iPhone6s/iPhone6sPlus専用目次はこちら

もう少し安くして欲しいもんですね。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>