孤独のグルメ season5 第1話 感想!店からのお願いとは?

IMG_2095

孤独のグルメ season5 関西でもいよいよはじまります。

第1話の感想を書いてみたいと思います。

店からのお願いもあるみたいなんでそこらへんも触れてみたいと思います。

スポンサードリンク

孤独のグルメ season5 第1話は炭火焼肉店!

「神奈川県川崎市稲田堤の
ガーリックハラミとサムギョプサル」

神奈川県川崎市稲田堤の焼肉屋『寿苑』

「炭火焼肉 寿苑」というお店でしたね。

最寄駅はJR南武線の「稲田堤」駅、
京王「稲田堤」駅からも歩いて行けそうですね。

マップ参照

孤独のグルメ season5 感想を書いてみます。

南武線稲田堤駅から出る所からはじまりましたね。

雨の中、五郎(松重豊)さんは地図を見ながら歩いてました。

すると結構太めな?女性(頼経明子)さんに突進されそうになって焦ってました。

スマホ歩きではなく地図見歩き?でしょうか?

難を逃れて無事にクライアントのふとん店の店主 佐古田(寺田濃)さんに会うことができました。

娘の嫁入り道具をヨーロッパ製で揃えて欲しいという仕事の依頼でした。

五郎さんがパンフレットを出して説明してると美しいお姉さんがお茶を出してくれました。

おもわず「素敵なお嬢さんじゃないですか」と口走ってました。

いやほんと二度見するぐらい綺麗な娘でしたね。

個人的にこの娘は誰なんだろ?ってちと気になりましたが^^;。

スポンサードリンク

ところがどうやらその彼女はただのバイトさんでした。

ありゃまぁ、あれは五郎さんでなくても勘違いします。

携帯に入ってる娘を見せてもらったら何とさっき、突進されそうになった娘さんでしたね。
しかも名前が「小波」って。

どう見ても「大波」だろって。(五郎さんも心の中で思ったに違いない)

なるほど、さっきの突進シーンはこう繋がるのかと笑ってしまいましたが。
まるでドッキリにでもあってるような雰囲気でした。

ここでお店を出る五郎さん。

いつもの如くお腹がすいてお店を探します。

途中で「大波」いや「小波」さんに出会います。

目の前で子供が倒れたのを見てすぐに寄り添いました。
子供に痛いとこないっ?大丈夫って話しかけてましたね。

それを見た五郎さんは「いい母親になりそうだ」とつぶやいてました。

心暖まる瞬間でした。

「炭火焼肉 寿苑」

今回行ったお店は「炭火焼肉 寿苑」

秋の夜長のトップは何と焼肉からでした。

入り口は豪快にも扉が取り外されてましたね。

オモニ(西尾まり)さんに勧められるまんま席に座ってました。

オモニ(西尾まり)さんはスーパー銭湯の話を気合入れてしてました。

僕もスーパー銭湯は好きなので気になって聞いてたのですが^^;。

五郎さんはスーパー銭湯の話は耳に入らないぐらい肉が食べたかったのに。

スーパー銭湯に話はいいから早く肉を?って五郎さんは思ったに違いありません。

ガーリックハラミとタン塩、
ライスとウーロン茶、
キムチを頼んでました。

後半に頼んだのは、サムギョプサルと上カルビを追加してました。

今回の目玉は「ガーリックハラミとサムギョプサル」

どれも本当に美味しそうでした。

そうそうサービスで塩辛まで出してくれてました。
うぅ~。

美味しそう^^。

オモニが焼き方から食べ方までアドバイスくれるのは僕にとってはありがたい。
自分なりにこだわりがある人はそうでもないんでしょうけど?

最後は
常連さんが持って来てくれたと言う梨まで頂いてましたね。

常連さんがお店に持って来てくれるのだから信頼関係も半端じゃないんでしょうね。

そんな訳で本当にいいお店です。

是非行ってみたくなりました。

孤独のグルメ season5 店からのお願いとは?

「炭火焼肉 寿苑」さんからのお願いがありました。

どうやら少人数で営業してるみたいですね。

基本、「ご予約は2回目のご来店よりお受けさせて頂いてます。」
それから
「せっかくご来店頂いても入れない場合がございます。」
ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。
との事です。

知り合いにも居酒屋さんがいますが混雑時には電話にも出られない事もあります。
それと同じなのかな?と思ってる次第です。

五郎さん効果で注目度は超強烈です。

なので僕も是非行ってみたいお店です。

電話で色々聞いたり予約も考えましたがちと控えることにしました。

とは言っても注目度抜群のお店なのでいつかは行ってみたいですね^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>