なばなの里ウィンターイルミネーション今年のテーマは何?

1025

なばなの里ウィンターイルミネーションが今日からはじまりますね。

昨日は内覧会がありましたね。

昨年(2014から2015)のテーマは「ナイアガラの滝」でした。
さて今年(2015から2016)のテーマは何なんでしょうか?

スポンサードリンク

なばなの里 ウィンターイルミネーションスタート!

今年もなばなの里、ウィンターイルミネーションがスタートしましたね!
昨日の内覧会に行かれた方はかなり感動されたようですが。

ひと足先に見れた人は幸運ですね。

初日の今日は混雑してたのでしょうか?

あの宇宙船みたいな乗り物。
今年も混んでるんでしょうかね。

移動式展望台で「アイランド富士」といいます。
去年は20時前後で40分待ちだった記憶が。
ちとあいまいですみません。

地上から45メートルの景色が大パノラマで楽しめるので乗ってみたいんですが!

絶叫マシンでもなく
ゆったりとした乗り物なので僕でも大丈夫。
怖くないのがナイスです。

混雑であきらめましたが。

そうそう、このアイランド富士は大人500円 小人300円ですが、
入場券に付いてくる券「なばなクーポン」1,000円は使えないとのことです。

ちなみに去年食べたもの。
レストランはどこも激混みでした。
なのでフードコート?ではなく何て言うのかな?
お店で買って外で食べるパターン。
こっちも行列なんですが^^;。
松阪牛 牛まん。
桃仙餃子とピリ辛スープ。

この3つで1,000円だったような記憶が。
これまたあいまいですみません。

松阪牛 牛まんは具もたっぷりでボリューム感ありました。
桃仙餃子とピリ辛スープで寒さもどこかにいっちゃいましたね。

とても寒かった中で暖かいのは最高でした。

ほんとにほんとに寒かった記憶があります。

デジカメ素手で撮影してて手が凍りそうになりましたからね。

おっと、そんな訳で2015年から2016年シーズン開幕したばかりです。

スポンサードリンク

なばなの里 今年のテーマは何?

今年のテーマは「アルプスの少女ハイジ」。

ライティングによる広大な草原の中で
ハイジとペーターが仲良く手を繋いでくるくる回ってましたね。

綺麗な星空も演出されてて、
ぬわっつ!
ぬわんとオリオン座流星群?ではないかもですが
流れ星が見えてた気がします。

ほんの一瞬だったのでよく分かりませんでしたが。

生でオリオン座流星群を見れなかった人はなばなの里で似た感じのが、見れるかもですね。

写真や動画でも十分に雰囲気は伝わりますがやはり空気感はその場でしか、
味わえないです。

今年もなばなの里 ウィンターイルミネーション、
「アルプスの少女ハイジ」バージョンを見に出かけてくださいね。

なばなの里 駐車場と場所

駐車場の場所をマップに記載してみました。
あまり意味ないかな^^;。

案内板があるので迷う事ないとは思いますが、念のため。

最寄りIC

☆東名阪自動車道 長島IC

☆伊勢湾岸自動車道 湾岸長島IC

大阪方面からだと
東名阪自動車道から四日市ジャンクションで伊勢湾自動車道⇒湾岸長島ICで降りるのもありかもです。
気持ち遠いかもですね。

去年は長島ICから行きましたが。

「ナガシマスパーランド」も行くなら迷わずに伊勢湾自動車道コースですね。
絶叫好きな方は「ナガシマスパーランド」はずせません!楽天たびノート

お風呂でゆったり好きな人は長島温泉もはずせませんね!楽天たびノート

海沿いなので風が強いと横揺れが怖いかもですが?

なばなの里 イルミネーション 期間

2015年10月24日から2016年5月8日までです。

可能な方は平日、可能でない方はズル休み?して平日、
忙しい方も平日。

毎年混んできてるので週末を避けて行くのがいいでしょうね。

約半年あるので予定を立ててゆっくりと鑑賞するのがいいです。

って言ってる本人は連休のど真ん中でどつぼ踏んでますが^^;。

よりによって1位2位を争う日に???

良心のある人はなかなかズル休み出来ないんですよね^^;。
↑  ↑
ここ何気にアピールポイント!!

なばなの里 ウィンターイルミネーション
「アルプスの少女ハイジ」バージョンはじまりました。

⇒⇒⇒ なばなの里 関連記事はこちらにもあります。

いい思い出が作れるといいですね^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>