孤独のグルメ season5 4話 台湾宜蘭県羅東の三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ

1027moto

孤独のグルメ season5 4話はいよいよ台湾編です。

宜蘭県羅東の三星葱の肉炒めと、
豚肉の紅麹揚げ。

三星葱と九条ネギって全然違うのでしょうか?
ネギは大好きなのでとても気になります。

スポンサードリンク

孤独のグルメ season5 4話 台湾宜蘭県羅東の三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ

今回のお店

【お店の名前】全台小吃部(チュアンタイシャオチーブー)
【場所】宜蘭縣羅東鎮公園路36號

台湾へ行くにはちと遠いですね。

ちなみにこの全台小吃部、現在はSTOPしてるとのことです。
オーナーさんに不幸があったとか?

回転テーブルのあるお店でした。

五郎さんが頼んだものは5点。

ほんとよく食べますね。

☆「三星葱の肉炒め」。
☆「赤糟排骨」。
☆「炒飯」。

追加で
☆蛤のスープ。
☆イカ。

ほんと漢字のテストみたいですね^^;。

孤独のグルメ season5 4話 感想

今回は山村(竜雷太)さんとの商談から始まりました。

どうやら台湾に行く事を知ってたみたいで台湾に住んでる孫娘(大久保麻梨子)さんに
届け物をお願いされるシーンからスタートです。

さて何を届けるのでしょうか?
安請け合いしたかな?とハラハラドキドキしてた感じでしたね。

勤め先の青葱文化館をたずねる五郎さん。

日本語を話せるスタッフさんがいて良かった。
出かけてるがすぐに戻るとの事で待つ事にした五郎さん。

待ち時間で食べたのは

☆【葱餡餅】(ねぎあんもあち)。

ねぎたっぷり。
外はカリッカリッなんだそうです。
2種類のソースに付けて食べるんだそうな。

かなりいけてるって言ってました。

そうしてると
山村(竜雷太)の孫娘(大久保麻梨子)さん登場。

でお願いされたのを渡しました。
ぐい呑みかなと思ったのですが!

陶芸が趣味のおじいちゃんが作ってたのは「ようじいれ」
作品を一度褒めたところから毎回誰かに頼んで送ってくれるとか。

ちと「うんざり気味」表現描写な所に笑ってしまいました。

おじいちゃんは喜ばせようとしていい作品を渡してるんでしょうけど、
心はなかなか伝わらないんでしょうか?

このあたりのやりとりがおもしろかったですね。

で本題のお店編です。

お店は定食屋っぽい感じでした。
メニューがなくて店長(揚雲玉)さんにジェスチャーでメニューは?って。
しっかりと伝わってたのがおもしろい。

外に書いてあるメニューを見ながら注文したのは3つ。
☆「三星葱の肉炒め」。
☆「赤糟排骨」。
☆「炒飯」。

待ってる間に自分で取るお茶を取って飲んでましたがどうやら甘いらしい。

スポンサードリンク

お茶を飲んでると二人の綺麗な女性が入って来ました。

ウェザーガールズのNUENUEさんとRIAさんの二人でした。
ポニーテールでかわいかったですね。

でポニーテールのお姉さんは外に出て注文してました。

海鮮系を頼んでなかったので
追加の注文をするのに外へ出て来ました

蛤のスープとイカを頼んだ後に。
これは何ですか?って指さして聞いてました。

ラーロウ、ラーロウと言ってくるのですが?

良く分かりませんが豚の燻製らしい。

とにかく美味しいからと。ハオツーハオツーっ!

ハオツー、ハオツーって二人と仲良くなってましたね。
両親指を立てて3人が和気合い合いでいい雰囲気でした。

ハオツーって美味しいって意味だったんですね。

おちゃめな五郎さんでした。

店主は一人で5品も頼んだ五郎さんの事を心配します。

食べきれるかしらと。

二人で相談して色々食べたいから小さいお皿で出してあげたらと計らいをしてくれました。
これはありがたいですね。

ただ来たのを見た限りどれも量、多かったですが。

本来の1人前だといくら五郎さんでも食べ切れなかったのでは?と
思っちゃいました。

いやぁ、しかしほんとに美味しそうに食べる五郎さん。
それを見ていたウェザーガールズの二人も美味しそうに食べるねって話してました。

蛤のスープも最後まで飲み干して大満足の五郎さんでしたね。
ハオツーハオツーいいよいいよって。
超ハオツーって^^。

イカのわさびと醤油が多かった。
わさび付けすぎて唸ってました。

「ここで汁が嬉しいっつ」

テーブルがくるくると楽しそうでした。

チャーハンを食べだすと颯爽としたミュージックに。
そうそう、五郎さんが絶好調になる時のミュージックが復活してました。

3話の時だけ違ったのでしょうか?

全て美味しかったので漢文テストは全問大正解でした^^。

うぅ~、お腹空いてきましたね^^;。

支払いを済ませて帰ろうとしたらウェザーガールズの二人に美味しかった?と聞かれ、
満面の笑顔で返す五郎さん。

ハオツーハオツーって4人が意気投合してました。

良かったまたねぇって手を振ってくれました。
いいですね。この雰囲気。

一体感も生まれ心和むシーンでした。。。

ほんと、「中国語を勉強しようかな」と言ってた五郎さん。
素直な意見だと思いましたね。。。

宿は礁渓温泉公園の宿でした。

ここの温泉も行ってみたいですね。

今回の放送を見て思いました。

現在、五郎さんの行ったお店、全台小吃部(チュアンタイシャオチーブー)は、
STOPしてますが台湾に行ってみたくなりました。

遠いですけどね・・・・・・。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>