孤独のグルメseason5 5話 台湾台北市永楽市場の鶏肉飯と乾麺

1103moto

孤独のグルメ season5 5話 台湾編の第2弾でしたね。

台湾台北市永楽市場の鶏肉飯と乾麺。

五郎さんではなく台湾での伍郎(ウィンストン・チャオ)さんとの
共演も見逃せません。

さてどういった絡みになるのかが楽しみですね^^。

スポンサードリンク

孤独のグルメ season5 5話 台湾台北市永楽市場の鶏肉飯と乾麺

今回のお店をマップに入れてみました。
台湾旅行で参考になれば幸いです。

☆糖葫蘆のお店
【場所】宜蘭県五結郷五濱路二段201號

☆永樂担仔麺
【場所】台北市南京西路233巷20號

☆原味魯肉飯
【場所】台北市永昌街19號

☆古早味豆花
【場所】台北市大同區民生西路210號

孤独のグルメ season5 5話 感想

礁渓温泉のホテルから出てくる五郎さんは満足気でしたね。
温泉にも入れたし疲れも取れた雰囲気でした。

のびのびと背伸びしてましたね。

フランスのアランさんから頼まれた工芸品のリサーチに出かける吾郎さん。
アランさんは厳しいから手を抜けません。

仕事に向かう吾郎さんはガラス細工や筆にみとれてました。

ほぉ~とか言いながら。

あんず?に目を付けた五郎さんが最初に買ったのは
トマト飴。

【トマト飴】
飴でトマトをコーティング。
初体験の不思議な旨さなんだとか。

色は違うけど月山ペアリフト下駅の食堂で食べた、
山形名物の「玉こんにゃく」を
思い出しましたね。

喉がかわいた五郎さんは喉をうるおす事に。
「王澄清」ってお店に入ります。

いい香りに満足気な五郎さん。

そこで母が日本人だという青年に声をかけられます。
日本語が話せるお兄さんに情報をもらってました。

台北の問屋街を紹介してもらってましたね。
台北の迪化街(てきかがい)メモをもらってました。

でそこの問屋街・迪化街(てきかがい)を物色する吾郎さん。
バロック建築の建築物が印象的でしたね。

歩きまわると
胃袋問屋の在庫がゼロになった五郎さん。

台湾台北市永楽市場の鶏肉飯編

タマゴがうまそうだなと見てると
「どうぞ」と言われるままに・・・。。。

ここに決めた五郎さん。
【お店の名前】永樂担仔麺

注文したもの

【「鶏肉飯」ジーローハン】
台湾式のチキンライス、
タレと一緒にカッ込もう!

ご飯にしっかりとかけてました。
台湾のぶっかけご飯はナイス。

と「おかず盛り合わせ」を頼んでました。

【おかず盛り合わせ】
野菜も肉も一皿
カラッと煮玉子も光ってました。

まずは白菜から。

「美味しい。」

「青菜もグー。」

「ほぅ、これはタレがいい。」

「煮玉子うまいに決まってる。」・・・。

毎度の事ながら感想がナイス。

がんがん、ご飯食べてましたね。

感動的ハオツー・・・・・・。

レジでびっくりしてましたが
料金もかなり安かったみたいですね。

でもまだ食える・・・・・・。

スポンサードリンク

台湾台北市永楽市場の乾麺編

まだまだ食べれそうな五郎さん。

ハシゴ飯ですね。

気になるお店に入った五郎さん。
【お店の名前】☆原味魯肉飯

麺を食べてなかったのは危ないらしい^^;。

「下水湯」って何なんでしょか?
名前からしてやばそうですが?

注文したのはまず、

【乾麺】

お碗に底には甘辛ダレ。

しっかり混ぜてズズッと行こう!

混ぜた方が良さそう?なので混ぜてました。

卵かけご飯食べるみたいなイメージでした。

麺類が食べれて良かったですね。

それからさっきんの

【下水湯】シャーシェイタン
生姜が味のまとめ役。
名前に気後れすることなかれ!

肉スープみたいなイメージでしたね。

どうやらセーフらしい。
砂肝?
どうやらモツのスープってな感じでしたね。

ちょっと辛さが欲しいので辛いのを混ぜてました。

入れすぎて辛過ぎたみたい。
むせてましたね^^;。

おもしろい、おもしろい。

スープもしっかり飲み干してました。

帰り際にメニューを見せられてました。
ほんと、先に見せてくださいですよね^^;。

この後は
スイーツを求めて!!!

ウィンストン・チャオさん編

豆腐スイーツのお店に入る吾郎さん。

【お店の名前】古早味豆花

【豆花(子豆・タピオカトッピング)】
体に優しい豆腐スイーツ。
甘さ控えめ おまけにヘルシー。

このお店で似たような空気感を持った中年の
男に出会います。

空気感を察したのか
何気に五郎さんをチラチラ見てます。

お互いに目を合わすも・・・・・・。

「うん、わるくないね」とその男性は帰ろうとします。
帰り際に何か声をかけられましたが意味が解らない五郎さん。

「寧夏夜市には美味しい物がたくさんありますよ」と教えてくれましたが
言葉が解らずじまいでしたね。

僕らは字幕で解りましたが^^。

その中年の男性は
台湾での伍郎(ウィンストン・チャオ)さんでした。

なるほど、ここでの登場だったのですね^^。

有名な夜市を覗いてました。
「これは無傷では帰れんな」と^^;。
無傷って表現がナイスですね。

台北に行ったらこの夜市にも行ってみたいですね。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>