ザムストの膝 ヒザサポーターウォーキングに適してるのは?

1201

ザムストの膝 ヒザサポーターでウォーキングに適してるのは?
どのモデルでしょうか?

腰痛ベルトもザムストモデル持ってて気にいってます。
なのでザムストのモデルでどれがいいのかなぁ?と試行錯誤してます!

スポンサードリンク

ザムストの膝 ヒザサポーターの種類は?

ザムストの膝 ヒザサポーターの種類は、
大きく分けて5種類ありますね。

EKシリーズ。膝全体をサポートする。

ZKシリース。膝全体をしっかりとサポートしたい。

JKシリーズ。お皿まわりをサポートしたい。

RK-1。ランニング時の膝(外側)トラブルにいい。
RK-2。ランニング時の膝(お皿の下)のトラブルに。

ザムストジュニアサポーター ヒザ。ジュニアの膝の保護。

膝サポーター ウォーキングに適してるのは?

膝サポーターでウォーキングに適してるのはEKシリーズがいいですね。

EKシリーズには3モデルあります。

EK-1。ソフトサポート、手軽タイプ。

EK-3。ソフトサポート、サポートと動きやすさの美味しいとこ取りタイプ。

EK-5。ミドルサポート、しっかりサポート。動きの多いバレーやバスケにもいい。

3つの中でもウォーキングならEK-1がいいかな。
日常的にもOKですし、ジョギングや軽いスポーツ時に最適なモデルですね。
軽い圧迫や保護的な目的ならナイスです。

イチオシの新定番にあたるのはEK-3。
このモデルは快適性も欲しいしサポートも欲しいといった欲張りな方用です。
ゴルフや登山に向いてるモデルです。
長時間付けてても快適です。

しっかりサポートのEK-5。
しっかりサポートでバレーやバスケットなど激しい動いきにも適してます。
膝の左右のぐらつきも抑えてます。

このモデルのみ大腿クロスストラップが付いてて圧迫力を高めてくれます。
ジャンプやダッシュなどにも対応してますね。

そんな訳でウォーキングに向いてるのはEK-1かEK-3でしょうね。

EK-5だとしっかりサポートし過ぎかなと思ってます。

お勧めはEK-1かEK-3です。

けど僕がチョイスしたのはEK-5。

理由は見た目がかっちょいいからです。

機能的に適してるのはEK-1かEK-3。

けどEK-5を装着した時の装着感。
がっつりサポートで安心感があります。
このEK-5装着した瞬間にアスリートになった気分がしました。

スポンサードリンク

そんな訳でビジュアル的にもサポート的にも気にいったのはEK-5。
ただまだ試せてませんが。

今回の購入の動機は約10キロ超えのウォーキングで右膝の外側が痛くなったから。
過去5回のウォーキングで毎回それぐらいで痛みが出ます。

日常生活的には問題ないレベルです。

10キロ超えでも痛くならないための、膝痛を防ぐためのグッズを探しに来ました。

最終的にチョイスしたのがザムストのEK-5になります。

さてどうなりますかね。
10キロ超えても痛みが出なければほんとベストマッチングな商品になります。

このタイプは左右兼用タイプです。

調子良ければもう一個買おうと思ってます。

膝サポーター タイツの上からでもOKですか?

ザムストの膝サポーターは直接肌の上からした方がいいです。
そのように設計されてます。

通気性の問題や適切な圧迫、固定が行えなかったりまたズレなどの可能性もあります。
なのであまり推奨してません。

薄めのタイツならOKな気もしますが。
あとは個人の運動量などで様子を見るのもありでしょうね。

僕も今度タイツを履いた状態でズレなどの実験をしてみたいと思います。
結果が出ればまた記事を書こうと思ってます。

ウォーキングにベストなのはEK-3,でも買ったのはEK-5!

結局試しに装着してみて一番相性が良かったモデルをチョイスしました。

ただそれも店内での3分間程度での話です。

実際に10キロ超えを歩いての感想ではありません。

ほんとフィーリングって言うかサポート感が心地良かったからです。

なので実際に店員さんとよく話をして試着して自分にぴっったりのモデルをチョイスしてくださいね。

不思議とサポーターを装着するとテンション上がって来ますよ。

あっつ、最後にひとつだけ。
サイズの選び方ですがこのEKシリーズは、
立った状態でお皿の真ん中から約10センチ上の太もものサイズで決まります。

僕はLだと思ってましたがMサイズでした。

S 36から40。
M 40から44。
L 44から48。
LL 48から52。

もし44なら大きいサイズのLをチョイスします。

いい膝サポーターに出会えるといいですね。。。

⇒⇒⇒ 箕面の滝 で実験!ウォーキングの所要時間は?混雑状況は?駐車場 料金はいくら?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>