孤独のグルメ season5 10話 東京都江東区亀戸の純レバ丼

1205

孤独のグルメ season5 10話は東京都江東区亀戸の純レバ丼です。

今回の五郎さんは腰を痛めて入院からのスタートでしたね。
さてうまいこと退院出来たのでしょうか?

純レバ丼はこれまた美味しかったんでしょうね。

スポンサードリンク

孤独のグルメ season5 10話 感想

看護師さん役は須藤温子さん。
院長先生は北村有起哉さんでした。

五郎さん腰を痛めて立つのもやっとでふらふらでした。
いきなりこけそうになって看護師さんに助けてもらってましたね。

腰って痛めるとつらいんですよね。

レントゲンの結果は少しずれてるって言われてましたね。
あっつ、そうそう3週間前にヨガ教室でこけたのを思いだしました。
あのバランスボールに乗りそこねた時ですかね。

それを院長に伝えると怪しそうな目で追求してきます。
嫌らしい目をしてましたね。

五郎さんのレオタードを想像した院長。

流石におエッツですかね。

神経もやばそうなので検査のためにも入院を勧められます。
院長の口ぐせはどうやら「焦りは禁物♪」みたいですね。

【五郎さんの入院食】
カレイの煮付け(一緒に煮たネギ)おでん(大根・きんちゃく)
野沢菜 じゃがいもの味噌汁 白飯

カレイから食べましたが味が薄いそうな。
おでんもどうやら不満そうな感じでした。

野沢菜と白飯を一緒に食べますがパンチがない。
どうやら病院食は全然物足りないようです。

メモ帳に書き込みしながら仕事してると看護師さんが入って来ました。
「ダメじゃないですか」と言いながら、
「焦りは禁物♪」と歌いながらメモ帳を閉じられてました。

ばつの悪そうな五郎さんでした。

そしたら院長が入って来て明日退院出来そうですねと。

何を思ったのかいきなりぎょうざの話をしだした院長。
お酢と胡椒で食べル餃子はたまらないと。
ラー油をかけるともっとうまい・・・。

この時の五郎さんの顔がめっちゃおもしろかったですね。
五郎さんの頭の中はぎょうざだらけになっちゃいました。

けど何で餃子の話をしたのかは謎です。

夜に廊下を散歩してると若いお兄さんが電話をしてるのが
聞こえて来ました。

どうやら塩辛を頼んでる感じでした。

五郎さんはもう限界です。
頭の中がぎょうざと塩辛でいっぱいになってましたね。

スポンサードリンク

退院の時に看護師さんに昨日はよく眠れましたか?と尋ねられてました。
五郎さんはぎょうざと塩辛が頭を占領して全くとか言ってましたが。

亀戸天満宮でお参りしていく五郎さん。
お参りもそうそうに元気になったので急にお腹が減りました。

ここでいつものピッツ!ピッツ!!ピッツ!!!
住吉さんに似た赤い太鼓橋がバックでしたね。

店を探しに歩きまくる五郎さん。

蕎麦では全然足りないらしく素通りでしたね。

ラーメン屋さんに目が行きました。
退院祝いにラーメンでも食べるかと。。

赤カウンターの正統派のラーメン屋さん。

隣のお客さんが餃子を頼んでたので相乗りしましたね。

メニューを見ると
「純レバ丼」が気になって仕方ありません。

若いカップルが二人入って来て奥に行きました。
いきなり「純レバ丼」を頼んでました。
常連さんですかね。

って僕も食べたくなって来ました。

これは人気商品だと確信した五郎さんも注文しました。

乗っかりまくりの五郎さん。
店主(碓井将大さん)からも「一緒に注文してくれると助かるねぇ」と言われてましたね。

ますます純レバ丼に興味津々の五郎さん。

五郎さんが注文したメニュー。
【餃子】
こだわりの具材包んだ焼き餃子。
5個入りでしたね。

昨日夢に出て来たのがやっとこさ目の前です。

お酢と胡椒を入れてラー油を混ぜます。

あっつ!なるほど!!こうなるのかと関心してます。

今度僕も胡椒を入れて食べてみよっと。
この食べ方は知りませんでした。

院長にありがとうと言ってました。

うわぁ!純レバ丼やばそう。

ネギがてんこ盛りでしたよ。

【純レバ丼】
レバーの海を見下ろして飯にそびえるネギの山

さっき入ったカップルのお姉さんは写真撮ってもいいですかと断ってましたね。

店主もいいよって明るく答えてました。

店内で自撮り棒を駆使しての撮影風景は中々のもんでした。
僕も買おうかな!

こんなん見てたら自撮り棒欲しくなっちゃいますね。

食べるとかなりがつんと効いたみたいですよ。
予想外にやんちゃ飯だと。

カップルが混ぜてるのを見て五郎さんも混ぜ混ぜしてました。

容赦ない味付けなんだそう。
これぞしゃばの味。ってどんなんやねんて思っちゃいましたが。

特濃甘辛ちょいぴり。

水が欲しくなる五郎さん。
思わず上着を脱いで本気モードかな。

スープも美味しそうでしたね。

水を何倍もおかわりしてました。

ここで腕まくりで締めにかかります。
オレの五臓六腑に火をつけたんだと。

スープを飲み干す五郎さん。

よぉし!これで社会復帰だと薬を飲みます。

帰り際には
またカップルが入って来ました。

ここってデーとスポットなんですね。

あぁ~!うちの布団が恋しいなぁ~と帰る五郎さんでした。

「菜苑編」

「菜苑」さいえんと読みます。

【住所】東京都江東区亀戸3-1-8
【電話】03-3637-9529
【営業時間】12:00~15:00(マスターが帰るまで)
      17:00~翌2:00
【定休日】日曜日、第4月曜日
【アクセス】JR錦糸町駅から徒歩12分
JR亀戸駅から徒歩12分
【駐車場】なし

★東京スカイツリーからも近いですね・楽天たびノート★

ふらっとQUSUMI 亀戸編

久住さんが注文したメニュー

【餃子】
例のお酢と胡椒とラー油で食べます。
ほんと美味しそうですね。

水じゃないものが欲しいとおねだりしてました。
亀戸ソーダでした。かめいどって読むんですね。
かめどって思ってましたが。

【純レバ炒め】

これも凄い。
あれっつ!
五郎さんが食べてた純レバ丼とは違うのかな?
同じように見えましたが???

あっつ、そうかご飯がないのか?

【チャーハン】
マスター自慢の一品です。
これまたちと違うチャーハンなんですかね。
素朴な感じですがほんと美味しそうでした。

家族で営んでる暖かいお店「菜苑」
是非行ってみたいですね。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>