iphone6カメラのセルフタイマーある?リモコンでストロボ設定!

1230

初詣や旅行でカメラ撮影の機会が増えますよね。
普段から撮影してるiPhone6のカメラ機能をもう一度
チェックしてみたいと思います。

無料のリモコンアプリってあったんですね。
部屋で試してみましたが超便利。
色々なシーンで活躍出来そうです。

スポンサードリンク

iPhone6カメラのセルフタイマーってあるの?

セルフタイマー機能ありますよ。
3秒と10秒の2種類から選べます。

しかもバースト機能が働き1回で10枚撮影出来ます。
この10枚をどう考えるかは人によるかもしれませんね。

10枚もいらないって方もいるかもです。

そういう方はストロボの設定をしておくとバースト機能は働きません
後で整理するのが面倒ならばストロボの設定をしておくと1枚だけの撮影が出来ますよ。

なのでシーンによって使い分けてくださいね。

セルフタイマーだと三脚や固定する道具が必要になってきます。

今だとみんな「自撮り棒」持ってるかな?
これは何かと便利そうなんで僕も欲しいと思ってますが。

自撮り棒も持ってなくて三脚や固定するものがない場合は困ったことになります。

この場合は「人海戦術」しかありません。

撮影して欲しそうなカップルやグループがいたらチャンスですよ。
誰かにお願いしようかな?とキョロキョロしてるカップルです。

すり足でそろうっと近づいて「シャッター押しましょうか」と声をかけてください。
かなりの確率で「あっつ、お願いしていいですか?」ってな展開になります。

後は自動的にこちらも撮影してもらえる確率が高いです。

去年は名古屋城で外人さんにこの作戦で迫ってみました。
言葉は喋れなくてもジェスチャーのみで写真を撮ってもらう事に成功しました。

人に頼むのって結構苦手なんですよね。
なので頼むの苦手な方にはもってこいの作戦です。

是非、活用してください。

恥ずかしがり屋の僕でも成功率の高いマル秘テクニック?です。

今回はたまたま撮影の話になっちゃいましたが他でも使えるテクニックです。
相手の欲求と自分の欲求が同じであれば確率は高いですね。

まず相手に満足してもらう。
この思考で行動するといい方向に向かいます。

おっと、またまた打線は悪いくせです。

スポンサードリンク

iPhone6カメラのリモコン使えるアプリはこれ!

リモコンが使えるアプリは「Cheeez」って言います。
Appstoreから無料でダウンロード出来ます。

iPhoneは2台必要です。

iPhone6Plusと通信の出来ないiPhone5(ipod的使用)を使って実験してみました。

1台はカメラ側でもう1台がリモコン側になります。

iPhone6Plusをカメラ側でiPhone5をリモコン側に設定してみました。

ブルートゥースの設定のみ必要になります。
IMG_9882
部屋での実験ですが約3メートル離れたところからリモコン側でボタンを押します。

するとカシャって音がして撮影出来てます。

へぇ~!
これは超便利ですね。

なので外出時の撮影でもかなり使えそうでうね。
仲間のiPhone同士で撮りっこするのもありですしね。

切替も簡単に出来ます。

このリモコンだと連射は出来ないみたいです。
なのでセルフタイマー機能と組み合わせると色々出来そうです。

たくさん撮りたい場合はセルタイマーのバースト機能で一気に
10枚撮影します。

そうでない場合はこのリモコンアプリでちまちま撮影します。

上手に使い分けて楽しいiPhoneライフにしましょう。

iPhone6カメラのストロボ設定も可能?

「Cheeez」ってリモコンアプリはストロボを使用するかしないかも
遠隔操作出来ます。

それからインカメラとの切替も可能。
どういうシーンで使うのかは今の所不明ですが・・・?

まとめ

iPhone6のカメラ機能はかなり優秀です。

ほんとデジカメが不要なぐらい・・・。
勝負するとデジカメに軍配がありますが手軽さから言うとかなり便利なのには
違いありません。

セルフタイマー機能や「Cheeez」アプリを使うとさらに撮影の幅が広がりそうです。

※セルフタイマーで1枚撮影するときはストロボ設定にする。
そのままでは10枚バースト撮影されます。

※リモコンアプリ「Cheeez」を使用する。

綺麗な写真をたくさん撮っていい思い出作りをしましょう^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>