プリンターヘッドクリーニング洗浄液での修理体験記と苦労点!

IMG_0665

先日インクジェットプリンターのプリンターヘッド洗浄液と
ハイテクマルチスポンジ(メラミンクリーナー)を購入しました。

どのように修理したかを書いてみたいと思います。

プリンターが壊れる可能性もあるかも?なのでちと怖かったです。
書いてみますがちと苦労しました。

悪魔でも自己責任で・・・。

スポンサードリンク

プリンターヘッドクリーニング洗浄液での修理体験記!

1:プリンターにヘッドクリーニングの指示を出します。
2:プリンターのヘッドクリーニング途中でヘッドが動いたあたりで電源コードを
引き抜きます。
するとヘッドが途中で止まった状態になり手動で動かせるようになります。

3:ヘッドの下にクッキングペーパーを適度な長さに折りヘッドの下にもぐらせます。
そこに購入グッズのプリンター ヘッドクリーニング洗浄液を染み込ませます。
スポンジも適度な薄さに切りその下に潜らせます。

IMG_0637
この薄切りがこれまた難易度高かったですね。

本体左の新しいスポンジも2.1ミリ四方で厚さは
2ミリにカットするのも何回も失敗しました。

IMG_0640

これほんとに難しい。

包丁を使いましたが斜めになってほんと苦労しました。

キッチンペーパーの下のスポンジにもクリーニング洗浄液を染みこませます。
注意点としてはしっかりと吸い込ませておくことです。

するとヘッドからの汚れがクッキングペーパーに吸い取られます。

ヘッドとの隙間が小さい方が良く洗浄出来ます。
が隙間が小さすぎるとヘッドを痛めそうでここらの加減が難しかったですね。

この状態で5分ぐらい置いときました。
するとかなりクッキングペーパーが汚れてましたね。

IMG_0639

壊れても仕方ない覚悟でやってみました。

ただこの方法では良くはなりましたが完全ではなかったです。

プリンターヘッドクリーニング洗浄液での苦労点!

テストプリントした結果、今一でしたのでもう一度さっきの工程を繰り返します。

でさらに
インクカートリッジのアイ・アカずして付属の注射器で写真のように5ccぐらいを
注入したり吸い取ったりを繰り返しました。

指が入りにくかったのでアイ・アカ外しましたが。
今回はアカだけだったのでアカのみの注射器です。

そこさえ問題なければ外すのはアカのみでいいと思います。

IMG_0644

すると最初重く感じるのが数回やると「ふっつ」と軽くなりました。
目詰りが解消されてるのかどうかは疑問でしたが。

この動作もゆっくりとやってみました。

原理的にはカートリッジを入れ替えてのクリーニングと同じ意味合いになるんだと
思います。

それをした後に先程の汚れたクッキングペーパーを取り外し
その回りを綺麗にします。

再度コンセントを挿して電源を入れます。

この後クリーニングを2回から3回程度行いました。

その後にテストプリントしていく内に改善されました。

IMG_0665

めでたしめでたし。

ただ今回、注射器を使用したりと結構難しかった印象が残ってます。

なので素直に洗浄カートリッジを買った方が良かったのかな?とも思いました。

結果的には治ったから良かったです。

もしヘッドクリーニングでも治らなかったら一度チャレンジするのはありかもです。

まとめ

正直な感想ですが時間的にも5時間程度試行錯誤に費やしました。

なので忙しい方にはあまりお薦めではないかもです。

けどけど治った時の感動はとても嬉しかったですが。

もしこれで治らなかったら買い替えしたと思います。

せっかく元気に復活してくれたので後3年は使っていきたいですね^^。
⇒⇒⇒ 購入グッズの記事はこちら

※撮影用と作業のやりやすさを優先したためにカバーは2つほど外してます。
本来は外してはいけないはずです。なので・・・。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>