iphotoのバックアップのやり方で外付けhddへの方法は?

02101

古いimacへの写真保存してたらimacの容量がなくなりました。
iPhone6の容量はなくなるは、imacの容量はなくなるはで踏んだりけったりです。
本当に困ったものです。?

仕方ないので外付けのハードディスクへの移動を考えてます。

この場合移動させるのは簡単なのでしょうか?

スポンサードリンク

iphotoのバックアップのやり方でmacもいっぱいの場合?

iphotoのバックアップって結構容量くいますよね。
私もそうです。

今、空き容量が50GB前後と困ってます。

そのままバックアップを取ろうとしてももう空きがありません。

iCloudに保管もいいのですが容量が多いので悩んでます。

やはり外付けのハードディスクに保管する方がいいんでしょうか?

iphoto バックアップ 外付けhddへの方法は?

そうですね。
私も外付けハードディスクに保管してますよ。

外付けのハードディスクが接続されてるものとして手順を書いてみますね。
超簡単ですよ。

1:iphotoが起ち上がってないことを確認します。

2:移動からホーム
ピクチャ iPhoto Libraryがあります。

3:iPhoto Libraryをそのまま外付けハードディスクにドロップします。

これだけです。
たったのこれだけです。

58.15GBのiPhoto Libraryをコピーするのにかかった時間は1時間ちょいでしょうか?

コピーされてるかどうかの確認はとても重要です。

imac側のiPhoto Libraryを右クリックします
で「情報を見る」で容量を確認します。

外付けハードディスクはコピーした方のiPhoto Libraryの「情報を見る」も確認します。

この数値が同じであればちゃんとコピーされている事になります。

今度はいよいよ世紀の一瞬です。

ちと怖いですが外付けではなくimac側のiPhoto Libraryをゴミ箱にドッロップします。

この瞬間は本当に冷や冷やします。

間違っても外付け側のiPhoto Libraryをゴミ箱に入れないでくださいね。

間違ったらまた一からコピーするだけですが・・・。

ここで一度iPhotoを起ち上げます。

するとフォトライブラリが見つかりません。iphotoライブラリを検索しますか?
出てきます のでライブラリを選択をクリックします。

で先程の外付けハードディスクのiPhoto Libraryを選択して開くをクリック。
02101
すると写真が表示されます。

この時って結構感動しますよ。

これでimacの容量を増やす事が出来ます。

元々50GBぐらいしかなかったのですがほぼ倍の100GBまで増やす事が出来ました。

めでたしめでたし・・・。

画像を見て頂いた方で気づいた方もいるとは思います。
そうタイムマシンです。
私はタイムマシンの設定をしてます。

実を言うとそんなに面倒くさい事をしなくてもタイムマシンの設定をしておくと
ある期間ごとにその状態にまで戻れますので便利です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーやドラえもんみたいにです。

便利ですよ。

タイムマシンはまた別の機会にでもお話し出来たらと思います。

この例では約1日おきにバックアップしてることになります。

けどここまで頻繁にはいらないかもですね。

imacの容量がうまいこと増やせるといいですね。。。

スポンサードリンク

iPhoto Libraryの中身は見れないの?

プチ情報
iPhoto Libraryは基本的にダブルクリックしても中は見れません。

ですが右クリックで「パッケージの内容を表示」をクリックすると中身が見れるようになります。
この中に「Originals」フォルダーがあります。

写真のみの純粋なバックアップであればこのフォルダーだけでもいいかも知れません。
iPhoto Library全体だと58.15GBですが「Originals」だと45.85GBと少し軽いです。

ただここだけの取り込みだとiPhoto Libraryとしての機能が心配です。

なので外付けを購入されているのならiPhoto Libraryごとの保存の方が安心だと思います。

このバックアップ作業でiPhone6とパソコンの空きを増やす事が出来ました。

まとめ

iphotoのバックアップのやり方で外付けhddへの方法は超簡単でしたね。

時々バックアップをしてハードディスクに空きを少なくして快適に動かせるようにしておきましょう。

古いimacだと容量も小さいので出来れば新しいのに買い替えしたいです。

けど大容量になるとそれをバックアップするのがまたまた大変になりますね。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>