モビリオスパイクのコンポコンソールボックスの外し方!

030701img

カーコンポから音が鳴らなくなりました。
結果的にアース線の接続不良だったと考えられます。

カーコンポを取外すのにコンソールボックスを外さないといけません。
その手順を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

モビリオスパイクのコンポコンソールボックスの外し方!

1:エンジンを切ります。

2:シフトレバーのSHIFT LOCKに細いマイナスドライバー(精密ドライバーが良い)を入れます。
普通のだと入りませんでした。
するとロックがハズレるのでPからLの位置まで下げます。
この作業はコンソールを下に下げる時にPのままだと邪魔になり下ろせないからです。

3:シフトレバーカバーを外します。これは普通のマイナスドライバーを使用しました。

4:助手席下のカバーを2ヶ所外してエアコンに接続の2本の線を外します。
この2本の線を外す事でセンターパネルが外れるようになります。
繋がったままだと数センチしかずらせません。

5:センターパネルを外します。(ハザードの裏の接続を外します)

6:エアコンの吹き出し口のパーツを外します。
上下に2ヶ所ピンがありますのでドライバーを当てがって外します。

7:センターパネルを少し下げるとオーディオパネルが取り外せるようになります。
コンポが車体側にネジで2ヶ所止まってるのを外します。

8:これでオーディオパネルが取り外せます。

おおまかな流れは以上になります。

省けるかも?作業と苦労した点を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

省けるかも?作業です

私が経験した中で省けるかも?作業を書いてみますね。

今回はセンターパネルを外すためにエアコンと接続してるパーツを外しました。
でも少し下げればオーディオパネルは外れます。

長いプラスドラバーがあればセンターパネルとオーディオパネルの間の隙間に
ドライバーをもぐらせる事が出来ます。
先っちょに磁石の付いたドライバーだと2つのネジを落とすことなく回収出来そうでした。

落とすと取るのが大変でしょうけど。

この作業が可能ならエアコンのパーツを外す必要はないと思います。
取り付ける際にこの2つのネジを装着しないのであれば次回はもっと楽になります。

ただ盗難防止の意味も兼ねている?ので装着するに越した事はありません。

ただ外から見ても分からないので防犯効果はありません。

ホンダ車は作業が難しい=盗難率も低い?と考えられます???

エアコンとの連動してるパーツを外すのに苦労

場合によってはこの作業はパス出来るかもですが・・・。

エアコンと連動してるパーツを外すのに苦労しました。
それと本体側とコンソールに連動してるエアコン用のパーツ。

☆助手席下のエアコンフィルターボックスは手でも簡単に取れます。
その右側にあるボックスは結構硬いです。
コツはマイナスドライバーで少しずつこじ開けるイメージでしょうか。
030702img
ここを開けると連動パーツが見えます。
030703img
上側の黄色いのは比較的簡単でした。
下側の青いのを外すのに苦労しました。

コツを書いてみますね。
☆上側の黄色いのは輪っかの手前にちょぼがあります。
そのちょぼを押しながら左方向にスライドさせます。
すると外れます。

☆下側の青いのも同様にすれば輪っかは外れます。
ところが手前に結構硬いピンがありこれを外すのに苦労しました。
コツは右側にあるピンをマイナスドライバーで真下に力をかけます。
これでパチンと音がして外れました。
030704img

ちなみに止まってた位置が分かるようにマジックで印を付けました。
黄色い線は吹き出し口のダイヤルと連動。
青い線は温度のダイヤルと連動。

ちなみにエアコンはマニュアルタイプです。

☆コンソールに連動してるエアコン用のパーツは上2ヶ所と下2ヶ所に爪があります。
そこをマイナスドライバーを差し込むと比較的簡単に外れました。

ここまでの作業が一番苦労しましたが、このステップは省略出来るかもです。

センターコンソールを少しだけずらすとオーディオコンソールが外れるからです。
030705img

その隙間に長いプラスドライバーでネジさえ外す事が出来るならこの作業は不要です。
ハザードランプの少し上あたりと並行左側の奥行き約10センチの場所にネジがあります。

ただ一度全パネルを外すのも勉強にはなりますね。

まとめ

苦労しましたが一度自分で外して取り付けなどを行うと勉強になります。
自分用の備忘録として記事にしてみました。

他の車での経験はありませんがこの流れを知っておくと他の車種でも応用が効くのかなと思ってます。

今回コンソールを外して取り付けしましたがエアコンの風が出なくなり焦りました。

原因は不要な配線を外してそのままにしていたからです。

原因を探すのにもう一度ばらすなどして時間かかってしまいました。
どこかと言いますと助手席の下にある右側の電源。
青いパーツを外そうとした時にネジが見えたんです。
ピンが硬いのでネジを外そうとしましたが短いドライバーでも配線カプラーが邪魔して
ドライバーが入りませんでした。

思考錯誤した結果、ピンをマイナスドライバーで真下に力をかけることで外せました。
組み立てる時に外した事を忘れていたのです・・・。

一度外して見ると愛着も湧きますよ。
自分の愛車がさらにかわいくなりましたね^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>