スマートフォンのカメラ撮影の3つの悩みと解決方法その三!

burekaihi

昨日とおとといの2日でスマートフォンのカメラ撮影の3つの悩みの2つの解決策を
書いてきました。

今日は悩みの中で一番多かった「写真がぶれる」について書いてみたいと思います。
花をアップで撮影する時のぶれにくい方法やペットの動きを上手に撮る方法の紹介になります。

スポンサードリンク

カメラ撮影の3つの悩み第1位 「写真がぶれる」

私も経験あるのですが花をアップで写す時は結構ぶれるものです。
テレビで紹介してたアドバイザーの女性はこうおっしゃってました。

まず左手でしっかりとスマートフォンを持つ。
今度は右手でもしっかりと抑える。
その時に脇をしっかりと締める。

これが基本ポジションになります。

で撮影時には片足を前に出ししっかりとフォームを作ることが大事とおっしゃってました。
この方法でシャッターを切ると手持ち撮影でもぶれを抑える事ができます。

しゃがんだ時でも片足を前に出して膝のあたりに腕をおくといい感じになりますね。

自分でしっかりと安定する位置を研究するのもいいかと思います。

動いてるわんちゃんをかわいく写す方法!

依頼者の方は普通に撮影するとかわいく撮れないって言ってましたね。
そこでアドバイザーの女性はこうおっしゃってました。

シャッターを押しっぱなしにして連射しますと。

なるほどです。
そうやって撮影した写真はほぼ全部気にいった写真が撮れてました。
1枚1枚静止で見てましたがこれもこれも全部いいって言ってたのが記憶に残ってます。

なのでわんちゃんや動いているペットを撮影する時はしっかりとポジションを作って連射します。
数打てば1枚ぐらいはいい表情の写真が撮れる的な考えです。

スポンサードリンク

しかし今のカメラはほんとに凄いですね。
昔使ってた一眼レフでモータードライブやワインダーってのがありました。
モータードライブなら秒間5コマ、ワインダーなら秒間2.5コマだったかな。
連射出来るアイテムでした。

ワインダーだと約2万5千円ぐらいでしたかね。
倍近く撮影出来るモータードライブは5万円近くしてたものです。

あの当時はワインダーを買って喜んでたものです。

今だと標準でその機能が内蔵されてるのだからほんとに凄いですね。

でもフィルムが36枚だからそんなに連射出来ないですが・・・。

時代は変わりましたね。(目を細めて遠い過去を思い出してます)

まとめ

「写真がぶれる」のを防ぐためにはしっかりとホールドして基本ポジションを作ることが大事です。
それからシャッターは軽く触れるイメージで撮影しましょう。

押すではなく触れるイメージです。

それからペットなど動いてる場合は連射しましょう。

その中には1枚ぐらいはいい表情の写真があるはずです。

今回は3日に渡ってテレビで紹介されてた方法を書いてみました。

私自身の備忘録になるのと同時にこのページを見た人の参考になれば嬉しく思います。

ちょっとした事を心がけるだけでもいい写真が撮れそうです。

スマートフォンでもほんとにいい写真が撮れます。

いい写真をどんどん撮影していいカメラライフをおくりたいものです。。。

01:スマートフォンのカメラ撮影の3つの悩みと解決方法その一!

02:スマートフォンのカメラ撮影の3つの悩みと解決方法その二!

03:スマートフォンのカメラ撮影の3つの悩みと解決方法その三!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>