ノートパソコンのハードディスクの交換方法は?簡単ですか?

ベンチマーク5

3年前から使用してるノートパソコンが凄く遅いです。
もう少しだけでも速くしたいのですが?

色々調べていくとハードディスクの交換をするのが良いと分かりました。
なので今回、思い切って挑戦してみました。

さて交換は簡単だったのでしょうか?
速くなったのでしょうか?

スポンサードリンク

ノートパソコンのハードディスクの交換方法は?

ノートパソコンの高速化を考えてます。

調べてみると
一番手っ取り早く速くするにはハードディスクを交換するのが一番簡単そうです。

でも自分で出来るのでしょうか?
結構不安ですが・・・。

今回はダメ元で買い替えも視野に入れて挑戦してみました。

当然、自己責任になります。

復帰しないならあきらめる覚悟でやってみました。

1.ハードディスクの位置の確認。
2.物理的に自分で外せるかどうかの確認。

まずこの2つの確認をしたところ何とか自分でも外せそうでした。

ちなみに私のノートパソコンはゲートウェイです。
NE56R-H82Cっていう機種です。
この機種についての交換方法になります。

裏蓋のネジ穴を2本外すとメモリとハードディスクにたどり着きました。
0620
でぱっと見は分かりにくいのですが横にスライドするだけで外れました。
めっちゃ簡単でした。
(この機種NE56R-H82は特にビス止めはなかったです)

なので新品のハードディスクを買ってここに取り付ければOKです。
(上のが購入した新しいSSD)
そんな訳で新品のハードディスクとの交換そのものは15分もかかりませんでした。

ただその前の工程がかなり大変でした。
その苦労話は後日アップ予定です。

時間にして丸2日間ぐらい奮闘したかもです。
バックアップ(クローン化)に相当苦労しました・・・。

スポンサードリンク

ノートパソコンのハードディスクの交換は簡単?

物理的な交換は実に簡単です。
めっちゃ、あっけないぐらい簡単でした。

でその効果ですが半端なく速くなりました。

数字がどうのこうののレベルではありません。
超絶に速くなりました。
数字的にはこんな感じです。(CrystalDiskMarkを使用)
ベンチマーク5
もっと前からやっとけば良かったとちと後悔。

尚、ハードディスクのみの交換でもオフィスの再認証は求められました。
私は電話認証を選び認証手続きを済ませました。

電話時間は約10分ちょいかかりました。
あの6桁の数字を8種類聞き取りパソコンに入力するのですから。
結構根気入りましたね。

ノートパソコンのハードディスク交換はクローンで!

新しいハードディスクを今と同じ状態でクローン化するとそのまま
使えるという情報にたどり着きました。

なのでこの情報を元にクローン化しようと試みました。

結果的には大成功しました。
が相当な時間を費やしてしまいました。

無料のソフトでは何度、何度やってもエラーが出て困り果ててました。
1回やろうとすると2時間半ぐらいかかるんです。
で最後の方でエラーが出ます。

泣きそうになります。

セクタバイセクタって方法を選んだら10時間以上かかるんです。
流石に待ってられないので寝て朝見たらまたエラー・・・。
もうあきらめようとも思いましたが・・・。

最終的には有料のソフトを購入し成功する事が出来ました。

ハードディスクといっても色々ありますよね。

私のノートパソコンは調べてみると2.5インチのSATA接続のものでした。
ノート用は普通は2.5インチみたいですね。
厚みは測ると約10ミリぐらいありました。

ちなみに買ったのは7ミリのタイプでプラスチックのスペーサーが付属してました。
それを貼り付けて高さがほぼ同じになります。

今SSDは値段がだいぶ安くなってます。
でノートパソコンのハードディスクは320G。

ショップに行き店員さんに相談しました。
するとハードディスクよりも大きくないとクローン化は出来ないと。

必要なデータのみ少しずつやる方法もあるみたいですがややこしそうだったので。

なので480Gを選択しました。

ADATAのSSDです。
今回はダメ元で自己責任と決めてました。
なのであまり高価なSSDは選択肢から外しました。

比較的プライスパフォーマンスの高いのがADATAだったんです。

成功さえすれば今よりも確実に速くなるって事は分かってました。

そのスピードですがほんと半端ないです。

ここまで差が出るのかとほんとにほんとにびっくりぽんです・・・。。。

もしノートパソコンのスピードを速くしたいと考えてる人は試す価値ありです。

でも悪魔でも自己責任になりますが。
で元々のハードディスクはひとまずバックアップとして保管してます。

まとめ

☆ノートパソコンの高速化はSDDのクローン化で決まりです。

私のゲートウェイのNE56R-H82Cは物理的な交換はめっちゃ簡単でした。

☆ただクローン化するには相当苦労しました。(24時間近く奮闘)
苦労話はまた今度書いてみたいと思います。

クローン化さえ出来ればほんとに簡単でした。

01:SSDに交換後の認証(オフイス)についての記事はこちらです。

02:ハードディスクの交換方方法は簡単?記事です。

03:SSDへのクローン化の時間と失敗についての記事です。

悪魔でも自己責任にはなりますが効果は絶大ですよ^^。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>