imacの起動ディスク化と外付けssdへの移行方法と簡単起動方法!

0628_1_1

前回の記事で書きましたがimac 2007年製のクローン化に成功しました。
現在もその外付けからのSSDでの起動が可能になってます。

まだ1日しかたってないので今後も起動可能かどうかは?です。
でも古いimacが蘇ったのでその方法を書いてみたいと思います。

体感的にも爆速ではないかも?しれません。
でも明らかに以前よりも速くなったのです。

アプリケーションの起動も速くなったのです。

SSDにクローンを作成してそのSSDから起動してるってことです。
分解しないのでリスクはありません。

古いimacを使用してる方は恩恵が受けられるかも?ですよ。
最新のを使用してる方は元々が速いのでそれほどでもないかも?という予想です。

スポンサードリンク

imacの起動ディスク化と外付けssdへの移行方法!

前回の記事でも書きましたが用意したものはグッズ2点と無料ソフトになります。

☆ ADATAのSP550の480GB
☆ MARSHALのMAL-3825SBKU3

☆「Carbon Copy Cloner=カーボンコピークローナー」というソフトになります。

手順

1.新品SSDとSSDケースを購入しセットし、imacにUSB接続する。
2.ssdを初期化する。
3.無料ソフトでクローン化する。
4.再起動する。
5.起動するかどうかの確認。

ざっとこんな感じで実に簡単です。

1.簡単に書きますと新品のSSDディスクをUSBケースに入れます。
でそのUSBをimacのUSBに接続します。
0627_1

2.ssdを初期化する。
するとお決まりの
「セットしたディスクはこのコンピュータで読み取れないディスクでした」メッセージがが出ます。
0628_9
無視します。

初期化でもいいかもです。

ようは「ディスクユーティリティ」が起動して初期化出来れば言い訳です。

無視した場合は画面が消えますので「ディスクユーティリティ」を起動します。

imac右上の虫メガネマーク(Spotlight)をクリックして「ディスクユーティリティ」を検索します。

ディスクユーティリティが起動したら新しいSSDの名前があるはずです。
で画像は既に新しいSSDから起動してますので消去出来ない形になってます。
(自分で自分の内臓は手術出来ないイメージです)
0828_6

でも内蔵ハードディスクから起動してる場合は新しいSSDが消去が可能になります。

この時に一番上のMacOS拡張(ジャーナリング)を選択して消去します。
この作業は数分もかかりません。
すぐに終わります。

この画像は新しいSSDから起動してるので内蔵ハードディスクが消去可能になってます。
これを消去するかは自己判断ですが、私はバックアップのイメージで残してます。
0628_5
タイムマシンなどで別にバックアップを取ってるなら消去もありかもです。
でも私はSSDでの新しいOS化も視野に入れてるのでこのまま残しておきます。

3.無料ソフトでクローン化する。

消去が終われば
カーボンコピークローナーを起ち上げます。

で左側にコピー元ディスクが表示されてます。
で右側のコピー先ディスクには名称未設定が表示されてます。

この状態で右下のクローンをクリックします。

0628_2

するとクローニング中の画面になります。

0628_3

この時間が約10時間ちょいかかりました。

この間はimacの使用は出来ません。
なので急ぎの作業がある時はNGです。

寝る前にクローンしてくださいね。

起動ディスクをUSBに作成してって方法だと時間が早そうでいいですね。
でも私は手持ちのまっさらのUSBがなかったのでそのままクローンしました。

約10時間後にクローンが終了の画面が出たと思います。
キャプチャーを取るのを忘れましたが・・・。

スポンサードリンク

imacのssd化で外付けから簡単起動する方法!

で今からがドキドキ・ワクワクモードになります。

4.再起動する。
名前は「名称未設定」から「Macintosh スペシャルSSD」に変更しました。

アップルメニューのシステム環境から「起動ディスク」をクリックします。

するとSSDでクローン化した「Macintosh スペシャルSSD」が起動ディスクとして認識されてます。

で再起動をクリックします。
これだけです。

0628_7

後はお楽しみです^^。

5.起動するかどうかの確認。

本来は内蔵と入れ替えするともっといいパフォーマンスが出ると思います。
でもお手軽に簡単にするにはこの方法がいいと思います。

分解しないでもSDD化での起動が可能になります。

まとめ

今回は分解しないでも簡単に出きる方法を記事にしてみました。

この方法を使用すればリスクなしに起動することが出来ます。

もっと速くしたい方は自己責任での内蔵化をすればいいかなと思います。

内蔵化した時のことを考えればこれまたワクワク。ドキドキなのですが・・・。
いずれは挑戦したいと思ってます。

imacの外付けでの起動ディスク化の簡単バージョンについて書いてみました。

今後、お手軽SSD化する方の参考になればとても嬉しく思います^^。

クローン化には約10時間ちょいはかかりますがその間は何もしなくてもいいので楽ちんちんでしたよ。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>