imac用のssdにosXをインストールは可能?起動ディスクになる?

0701-1

先日ssdを購入してimacのクローン化に成功しました。
で現在外付けのハードディスクとして使用出来てます。
しかも動きは少しですが速くなりました。

この事実にまずはびっくりぽんでした。
そうなると欲が出てきました。

最新のOS X 「El Capitan」をインストールしてみたくなりました。
で早速試してみました。

さて無事にインストール出来たのでしょうか?
その結果を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

imac用のssdにosX El Capitanをインストールは可能?

私の使用してるimacは2007年製でぎりぎり「El Capitan」をインストール出来る環境にあります。

でも今回試してみようとしてる事は外付けのSSDに「El Capitan」をインストールして使用出来るのか?どうかってことです。

内蔵のハードディスクにインストールなら何の問題もないものと思われます。

結果を先に言いますと無事にインストール出来ました
そのEl Capitan化にかかった時間は約2時間ぐらいだったと思います。

まずは超感動♪でした。

でも一部の機能は対応してないのでファイルに分けられてました。

なので無事にインストールは成功しました。
問題はちゃんと起動出来るのでしょうか?
それとも起動不可だったのでしょうか?

続きを書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

imac用のssdは起動ディスクになりますか?

前回にクローン化したimac用のssdは起動ディスクとして成功した記事を書きました。

で今回はそのSSDに「El Capitan」をインストールして起動出来るのか?どうかの話になります。

試した結果ですが見事に「El Capitan」として起動出来ました
ちゃんと動いてます。

ほんの少し文句を付けるなら少しもったりしてるかな?っていう印象です。
でも「El Capitan」の雰囲気は十分に味わえます

本来なら内蔵のハードディスクをSSDに換装しなおして「El Capitan」を使用するともっとパフォーマンスは上がると思われます。

でもハードディスクの交換はちとハードル高いですよね。

でもこの方法ならリスクなく「El Capitan」化が可能となります。

もちろん最新のと比べるのはダメだとは思いますが・・・。
試しに使用するのは全然ありだと思いました。

でも今現在は無理やり「El Capitan」を使用しなくてもいい環境にあります。

で最初に試したSnow LeopardをSSD化した時のサクサク感が忘れられません。
ちなみにベンチマーク風景です。
0701-2
そういや昔パフォーマーからPower Mac8500を買った時に調べた時を思い出しました。
あの当時のベンチマークには猫の顔写真がデスクトップでぐるんぐるん回ってました。
その画像を追いかけてた自分も頭ぐるんぐるんなったのを思い出しました。

おっと、またまた脱線はいつもの悪いくせです。

外付けSSD化で起動したimacでの結果です。
左が従来のもので右がSSD化したものです。

Xbench_0701

細かい数字は無視しても明らかにいい数字が出てます。
CPUやメモリなどは一切触ってません。

なのでまたまたSSDを初期化してSnow Leopardバージョンで使用してます。

ここは自分自身の好みなので・・・。

imac用のssd hddとして使い分け出来たらいいのですが?

そうなんですよね。
現在はimac用のssdを外付けからのhddとして使い分け出来てますよ。

内蔵のハードディスクも外付けからのSSDハードディスクも結局は同じものなのであまり意味を持たないのですが^^;。

でも外付けから起動した方がスピードが速くなってるんですよね。
スピードってそんなに変わらなくてもやはり速い方が気持ちいいです。

なのでゆくゆくは内蔵との換装も視野には入れてますがしばらくは今の方法で使用してみようと思います。

うん?
待てよ!

今の内蔵ハードディスクを直に「El Capitan」化したらどうなるんでしょ?
頭の中か???だらけになってきました。

また気が向いたらそれもチャレンジしてみるかもしれません。

今の所は予定なしですが。

外付けのSSDがどこまで使用可能かがまだ?です。
でも速くなったし、もし外付けSSDがNGになったとしても内蔵のハードディスクは生きてます。

でもこっちも年数的にはそろそろやばいかもかもです。

古いimacをお手軽に速くするには外付けでのSSD化はいいかもですよ。

速くなる事をお祈りしておきます。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>