Bluetooth low energyって何?ポケモンgo PLUSに使用!

Bluetooth

「Bluetooth low energy」って何なんでしょうか?
どんな技術なんでしょうか?

ポケモンgo PLUSに使用ってことなので非常に気になってます。
詳細はウィキペディアを見てもらえばいいですが、
簡単に書いてみたい思います。

スポンサードリンク

Bluetooth low energyってどんな技術?

「Bluetoothバージョン4.0」の呼称である。
略して「BLE」。

2.4GHz帯を使用した近距離無線通信規格って書いてありますね。
そういや私のヘッドフォンも2.4GHz帯だったような気が・・・。
でどちらかといえば高速化よりも省エネ化に重視を置いてます。
なのでボタン電池1個で数年稼働するという素晴らしい技術のことです。

low energyってことからも分かるように非常に省電力。
そういうことだったのですね。

私は昨日バッテリーの予想記事も書きました。
バッテリーの持ち時間の予想では36時間って予想したのですが、
どんでもない間違いのようですね。

「Bluetooth low energy」
の技術が搭載されているのなら
少なく見積もっても1年近くは持つのかもしれませんね。

時計だとボタン電池1個で数年持ちます。
ただ時計は通信などはしてないので同じにしてはいけませんよね。

でも2日や3日程度ではなさそうでほっとしました。

これなら「ポケモンgo PLUS」の電池の持ち時間は
さほど心配しなくても良さそう
です。

Bluetooth low energyがポケモンgo PLUSに使用?

そうなんですよね。
公式ページを見ると「Bluetooth low energy」がポケモンgo PLUSに
使用されてるのが分かります。

その記事を見て「Bluetooth low energy」が何者なのかが、
ずっと気になってました。

でもこれで少しですが分かりました。
昨日バッテリーの持ち時間の記事で充電式かな?って予想しました。
でも「Bluetooth low energy」の意味が分かったら充電ってのはなさそうです。

「Bluetoothバージョン4.0」かなり良さそうですね。

スポンサードリンク

「Bluetooth low energy」の通信速度と到達距離は?

★通信速度
規格値は1Mbps。
で現実的には10kbps程度とのことです。

Mbpsとは1秒間に受け取る情報量のことです。(転送速度)

1Mbpsだと1秒間に1M受け取る事ができます。
音楽に例えると1分くらいが目安。

ちなみに1Mb=1024Kです。
なので10kだと相当小さい数字になります。
この数字からも省電力なのがなんとなくですが分かりそうです。

★到達距離
技術的には30メートル程度は可能です。
でも省電力化に重視を置いてます。
ここかなり重要ですよね。

どうやら5メートル程度のようです。
そのかわり電池の持ち時間が増えるようです。
断然こっちのが嬉しい仕様です。

現実的には携帯を持ち歩く訳ですが普通の人なら2メートルもいりませんよね。

頭の上に携帯をセットし足あたりに「ポケモンgo PLUS」を設定しても
2メートル必要な方はそうそういません。

そもそも頭の上に携帯はセットしないですしね。
「ポケモンgo PLUS」も足にはセットしませんよね。
足に巻くのは銭湯でのロッカーキーぐらいです。

なので5メートルって距離は十分なのかなと思ってます。

まとめ

ポケモンgo PLUSに使用されている「Bluetooth low energy」が気になったので
調べてみました。

簡単に言うと「非常に省電力で長持ちする技術」ってことになります。

今後、「Bluetooth low energy」を使用したヘッドフォンが欲しくなりました。
私が買ったのは大分前(10年以上前かな 記憶がはっきりしませんが)

ボタン電池で1年持つなら全然ありです。
以前のは数日しか持たなかった記憶があります。
ボタン電池仕様のヘッドフォンって今売ってるのかな?

関連記事

⇒ 1:ポケモンgo PLUSの発売日と値段は?予約は可能ですか?
⇒ 2:ポケモンgoボールなくなった!無料で手に入れる方法とは?
⇒ 3:ポケモンgoPLUSの種類ってある?Amazonか楽天で買えますか?
⇒ 4:ポケモンgoピカチュウの巣はどこにある?出現場所 大阪編!
⇒ 5:ポケモンgoピカチュウの巣は大阪の扇町公園!仲間になれた?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>