張本氏 ガッツポーズはダメ!水谷選手への注意の真相は?

gattupo-zu

張本さんの「ガッツポーズはダメ」がえらい話題になってますね。
水谷選手への注意の真相が気になります。

果たして本当にダメだと思ってるのでしょうか?
これって「言葉のあや」だと思うのですが・・・。
真相は分かりませんが???

スポンサードリンク

張本氏 ガッツポーズはダメ!水谷への真相は?画像あり!

mizutani
張本さんのガッツポーズはダメってのも分かる気がします。
相手への礼儀を考えると派手なガッツポーズは失礼にあたる。
そういう意味では控えた方がいいのかな?とは思います。

張本さんの意見は正論だと思います。

でも水谷さんの試合をテレビで見た私には分からなくなりました。

あのラリーは半端ないです。
もう神業です。
あの左足を上げてからのフィニッシュに入る姿を見て体が熱くなりました。

しかも1回では決まらずに何度も・・・。
もちろん相手も凄い。

あの体全体を使ってのスマッシュ。
もはや格闘技ですよね。
どう見ても「温泉ピンポン」ではありません。

めっちゃかっこいいじゃないですか♪♪
超かっこいいじゃないですか♪♪♪

見てた私は興奮してしまいました。

で最後に勝った瞬間にはテレビの前でガッツポーズしてるではありませんか!
ありまぁ~。
ガッツポーズってごくごく自然に出る現象なんですよね。

自分の素直な感情を出すのって素晴らしい。
本人も見てる人も感動します。

しかも命がけの戦いです。
あのラリーを見てるとお互いが命を懸けてるのが分かります。

エッジとかネットインをラッキーだとかガッツポーズで喜ぶのは
どうかとは思います。

福原愛ちゃんのエッジでの負けは残念でしたね。
相手が喜んでたのは礼儀的にどうなの?って思います。
あれって最低のマナー違反の気がしますが・・・。

たまに審判のミスもありますよね。
でお互いにそれが分かってる場合のかっこいいプレイ。
わざと分からないようにラリーでミスをしてさっきのミスポイントを帳消しにする。

こんなプレイを見たらそれだけでその選手のファンになっちゃいます。
この選手とはずっと仲良くしていきたいと思いますよね。

スポンサードリンク

話は変わりますが野球でもありましたよね。
引退試合で何度もファウルを打ってる選手。
バックネット裏に何度もファールする。

で何球目かにサードフライが上がりました。
これって取れるのにわざと取れないふりをしましたよね。
こういったシーンも涙もんです。

その直後には現役最後にヒットを打ちましたが・・・。
ファウルフライで現役最後とヒットで現役最後。
これ意味合いが全く違いますよね。

こういった暗黙のプレイ素晴らしいです^^。

うん?
なんか主旨がずれてきてますね(^^;。

でもそれ以外での勝利の瞬間のガッツポーズはごく自然なんじゃないでしょうか?

寝っ転がって喜ぶ姿も行き過ぎ?とは思いますが水谷選手の心境を考えると
これまた感情表現のひとつなんですよね。

見てる私たちにもそれだけ嬉しかったと分かります。
勝った瞬間にああいったパフォーマンスを見れるのは素晴らしいと感じました。

試合後は相手への握手もしてるとのことですしね。

「俺に勝ってそんなに嬉しいのか?」
「俺に勝つことがそんなに嬉しいのか?」
「寝っ転がって喜ぶほど嬉しいのか?」

これってある意味最高に相手のことをほめ讃えていると思います。

今となってはガッツポーズがいいとか悪いとかあまり興味がなくなりました。
ごめんなさい。

水谷選手の勝利をお祝いする方がいいですよね。

まとめ

張本さんのガッツポーズダメの意見は正論だと思います。
でも正論だけで決めつけてはいけない部分もあるのではないでしょうか。
今回はそれにあたると思います。

お互いが命をかけた勝負をしてそれに勝った。
どれだけ嬉しいことなんでしょう。
どれだけ感動するのでしょう。

感情を素直に表現する。
これって非常に大切なことなんだと思います。

嬉しい時にでも感情を抑えないといけないケースもあるとは思います。

張本さんは相手への礼儀は大切ってことを言いたかった。
それがほんの表現の仕方でここまで大きな話題になった。

いい悪いは置いといて水谷選手を祝福したいと思います。

日本全国民が感動したのではないでしょうかね。
私もその一人であります。

しかしあの超絶なラリーは今も目に焼き付いてます^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>