iPhoneで撮影した動画をMacで保管する方法はないの?

imaji

iPhoneで撮影した動画ってiTunesでは保管できないですよね。
容量がいっぱいになってきたのでMacに移動して保管したいんです。
なんかいい方法ってないのでしょうか?

Macに移動する方法がこのページでは書かれてます。
無料ですしとても簡単な方法ですよ。

スポンサードリンク

iPhoneで撮影した動画をMacで保管する方法はないの?

※私はいまだに2007年製のiMacを使用してます。
その環境での方法になります。

「イメージキャプチャ」を使用します。
この「イメージキャプチャ」ってあまり
なじみのない方もいると思います。

「イメージキャプチャ」の
検索方法も書いてますので先に読み進めてくださいね。

スポンサードリンク

イメージキャプチャでの読み込み手順!

たったの3ステップで読み込み出来ちゃいます。
簡単なので是非試してみてくださいね。

手順1:iPhoneをライトニングケーブルでMacと接続します。
手順2:「イメージキャプチャ」を立ち上げます。
手順3:必要な動画(写真)を読み込みします。

それではひとつずつ見ていきましょう。

手順1はあえて説明の必要はないですよね。

手順2はもしかすると分からない人もいるかもしれません。

iMacの右上にあるスポットライトを使用して検索します。
正確には「spotight」ですね。

「spotight」に「イメージキャプチャ」と入力してください。

spotlight

スポットライトを使用して検索してみてくださいね。

すぐに出てきますよ。

ここで「イメージキャプチャ」を検索で、でてきます。

「イメージキャプチャ」をクリックすると「イメージキャプチャ」が立ち上がります。

すると読み込みがはじまります。
写真も動画も一緒に読み込みされます。

iPhoneのカメラロールがそのまま読み込みされるイメージです。
約2年分のデーターですが数分で読み込みが終わります。

ちなみに私の場合は12302項目ありました。
写真がメインで動画は40動画ほどでしたが・・・・。

手順3の動画(写真)を読み込みしますに入ります。
必要な動画を選択して読み込み先を設定します。

私の場合はデスクトップを指定しました。
ひとまずは1動画だけの保管なので読み込むをクリック。
image2

マシンスペックによっても読み込み時間は変わると思います。

30秒ほどの動画ならすぐに保管できますよ。

イメージキャプチャでの削除手順!

iPhoneから削除したい場合は左下の読み込み後に削除にチェックを入れておくと良いです。
私はびびりしょうなのかしっかりと保管が確認できるまではなかなかチェック入れられませんが・・・。

ここにチェックを入れてから読み込みボタンを押すと良いです。
自動的に保管が終われば削除してくれるはずです。

今のはそうでもないですが昔のMacってよく固まったんですよね。
爆弾マークが出て・・・。

あの爆弾マークがとてもかわいかったのですが・・・。

「イメージキャプチャ」は情報の宝庫です!

名前
日付
ファイルサイズ
絞りや諧調や色空間。
幅や高さ。
焦点距離やシャッタースピードまで分かっちゃいます。
何気に凄いですよね。

「イメージキャプチャ」簡単ですし保管に最適です。
image33

まとめ

iPhoneで撮影した動画をMacで保管する方法を紹介してみました。
「イメージキャプチャ」は元々入ってますし実に簡単です。

普段撮影した写真や動画は自分達に宝物です。
しっかりと保管しておきましょう。

ハードディスクだけで心配ならDVDに焼いたりUSBメモリーに保管しておくといいです。

私が使用してるトランセンドのUSBメモリー。
32Gでも2000円でお釣りがありました。

手軽で重宝してます^^。。。

⇒ iPhone動画をスロー再生可能な無料アプリを紹介!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>