ブリザック溝の深さはどれぐらいまでならOK?5年目に突入!

burizakku


ブリザック履いてます。溝の深さですがどれぐらいまでならOKなのでしょうか?今測定すると7ミリ程度はあります。年数的には5年目に突入してますが新品に買い替えするか迷ってます。
残り溝の度合と硬化の具合が今一わかりません。とても気になってます。

ブリザック 溝の深さはどれぐらいまでならOKでしょうか?

トヨタノアで195/65/R15のブリザックを履いてましたよね。新品時の溝は約10ミリ近くあったと思います。
冬用のタイヤとして使用するなら最低でも7ミリ程度が限界かなと思ってます。5ミリ摩耗した時点でプラットホームと面一になります。ここまでくると冬用としては使用できません。

pratto-form
引用:http://www.mr-tireman.jp/basic/studless/02.html

私はそこまで来るとその夏秋とそのまま履いてます。でその冬前に新品を購入してます。
100enmizo

硬化の問題もありますので一概には言えませんが「まず溝がある」ことが最低条件になります。これまた一概には言えないのですが約1000キロ走行で0.2ミリ摩耗します。距離だけで考えるなら5000キロで約1ミリ。15000キロで約3ミリ減ります。

そう考えると関西から信州に行くと1往復で約1000キロ。3ミリ減るのは15000キロですから1往復(1000キロで計算)から20往復を目安に考えてます。単純な計算をすると約20000キロ走行で約4ミリ減ります。プラットホームまで残り1ミリ。

距離よりも溝の深さをしっかりと確認がいいのかなと思います。

ショップは「一番に安全を重視する」はずなのでならやはり早めの交換を勧めるのは当たり前ですよね。

新品で購入後4年以内なら硬化よりも溝を中心に考えるのがいいですね。(※ 保管状況で大きく変わる)。

5年以上経過してるなら溝があっても硬化も十分に考えられます。
そこらへんはショップの方とも色々とお話して考えたらいいと思いますよ。

いくら新品でも事故はしない保証はありませんからね。

えっつ!タイヤ購入後に近くのガソリンスタンドで取付できる新サービスって
あるんですね!これなら同時に申し込みできて良さそう。


ブリザック 5年目に入りますが大丈夫でしょうか?

保管状況にもよりますが4年目なら溝が十分にあれば大丈夫だと思います。
でも5年目以降になると判断が非常に難しくなります。(硬化度合がシビアで分かりにくい)
心配なら新品を買うのが精神衛生上一番です。

心配しながらだと道中だけで疲れてしまいます。
現地で楽しめません。

私は25年近くブリザックで雪山に通ってますが履きだしてからの考えになります。
5年目のブリザックと新品のブリザックを履いてるのとでは安心感が全然違います。

ブリザックを履いてなかった大昔はチェーンを巻くのでへとへとになってましたからね。
その頃から比べるとブリザック スタッドレスって本当に神的な存在です。

もう大分前ですが一度 大事故寸前までいったことがあります。
4年目のブリザックを履いてて泥が混じった雪で1回転したことあります。

幸い雪壁や他車との接触もなかったのは本当に運が良かったと思います。
帰ってその週前に新品を買いに行きました。

安全を重視するなら4年目以降だと心配です。
やはり新品を買うのがいいでしょうね。

溝がしっかりあって硬化していないブリザックがとても安心です。

まとめ

☆ブリザック溝の深さはどれぐらいまでならOKでしょうか?

7ミリ程度までを安心範囲と考えてます。
プラットフォームまで最低2ミリ残ってる時点(個人的な見解)

☆5年目に突入の場合は溝があっても硬度が心配です。
ここは判断が非常に難しいです。

信頼できるショップで硬度を測定してもらうといいでしょうね。
溝が7ミリ程度あれば私ならそのシーズンは履きます。

でも運転は優しいのを心がけるのとあまりスピードは出しません。

雪道ではブリザックを過信せずに
安全な運転を特に心がけることが非常に重要ですね。

今年は雪が多いと予想されてます。
いいシーズンになるといいですね^^。。。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>