ノアのスタッドレスの空気圧の適正値は?雪道では調整必要?

img_1770

トヨタのノアの4WDに乗ってます。スタッドレスを自分で装着したのですが空気圧で疑問が湧きました。ノーマルと同じでいいのでしょうか?それともスタッドレス専用の適正値ってあるのでしょうか?
ふと疑問に思いました。ちなみに雪道に入ると少し空気を抜いた方がいいのでしょうか?

スポンサードリンク

ノアのスタッドレスの空気圧はいくらですか?

ノアのスタッドレスの空気圧は2.3キロです。
ノアに限らずに空気圧の指定値は運転席のすぐ後ろに記入されているはずです。
そこを見ると分かりますよ。

私もノアに乗ってるので写真を貼り付けておきますね。
img_1763

ちなみに車種によって前後で違う場合もありますので自分の車の空気圧はちゃんと確認しておきましょう。

空気圧のチェックは理想は月一。
少なくとも3か月に一度のチェックが望ましいです。
ハンドルが少し重いと感じたら速攻でチェックしましょう。

感じる頃に測定するとだいたい0.1ぐらいは減ってる場合が多いですね。

私はセルフのスタンドで自分でチェックしますが人のいるスタンドならお願いすると測定してくれます。
なのでたまにはチェックしましょう。
img_1765

車検が終わると軽くなるのが実感できる方は普段少な目の空気圧で走ってる人です。
空気圧が低いのは高速走行では特に危険です。
最悪はバーストの危険性もあります。

燃費にも影響しますから時々でいいのチェックしましょうね。

スポンサードリンク

スタッドレスの空気圧の適正値はノーマルと同じで良いですか?

基本的に夏タイヤノーマルと同じでOKです。
純正のサイズと同じであればその通りの設定で問題ないです。
あとは好みに応じて(シチュエーションや住んでる地域)で多少の調整は必要かもです。

スタッドレスの空気圧は雪道では少し抜いたりするのですか?

私は雪道を25年近く運転してますが特に抜いたりはしません。
でもほんの少しだけ抜いたりする方が良い場合もあるようです。

雪の多く降る地域に住んでてあまり高速道路を使用しない方であればほんの少しだけ減らしておく場合もあるようです。

逆に高速道路がメインで雪道は少しだけって方は気持ち高めに設定してるようです。
私は大阪に住んでますので後者になります。

規定値は2.3なので2.38(ここはほぼ感で2.4より気持ち少な目の設定)をしています。
高速道路が主なのでそういう設定をしてます。(2.48でもいいかも?)

特別に雪道になったからといって空気を抜くこともありません。

でもあらかじめアイスバーンが予想されるならほんの少しだけ抜くのもありかもです。
そういった意味でも抜きしろを作っておくという意味も含んでます。

でも抜いたらスタンドとかが無ければ入れることができないので基本はいじりません。

もしそういった場面に遭遇したら帰り道の高速道路に乗るまでにまた空気を入れると思います。

なので住んでる地域によっては多少の数値を調整するのはありだと思います。

入れすぎても乗り心地が悪くなったり本来のスタッドレスの役目はなくなるので注意が必要です。

2.3が指定値なら最大でも2.5と考えてます。(プラス0.2)
でも私は2.5以上は入れたことありません。
だいたい2.4の少し手前に設定してます。

逆に減らすことはあまりないですが減らすなら2.2(マイナス0.1)までぐらいですかね。

まとめ

基本的に純正タイヤと同じサイズであればノーマルと同じ基準値でOKですよ。
私の場合ですが雪道に入ったからといって調整することもほとんどありません。

増やすなら基準値の0.2までで逆に減らすなら基準値の0.1ぐらいでいいと思います。
ノアの場合だと基準値は2.3です。
なので最低は2.2で最高でも2.5までの範囲で考えてます。(2.38にこだわってます)

一番いいのは規定値とぴったしで問題ないですね。
あとは好みの問題でほんの少しだけ微調整するのがいいと思います。

私の場合は高速道路が多いので基準値プラス0.1の手前(2.38イメージ)で入れてます。

今年は雪も多そうなのでしっかりと点検していいウィンターライフを過ごしましょう^^。

補足ですが昨日の京セラドームは強烈ににぎわってました。
リフト券の安売りやグッズ販売もあって超絶に賑わってました。

11時過ぎに行って入るまでに1時間近く列に並びましたからね。
しかも夕方の18時半ごろでもまだ並んでましたからほんと凄かったです(-_-;)。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>