アップルテレビが便利、ミラーリングはiphone5可、写真再生最高!

アップルテレビimg

アップルウォッチばかりが話題になってますが
アップルテレビがこれまたナイスなんですよ。

ミラーリングはiPhone5でもちろんですがipadでの
ミラーリングを使ったテレビ電話機能もナイス。

自宅から田舎のお父さんや、きな子とのテレビ電話も
リビングの大画面に映しながら電話できます。

アップルテレビ1img

ねっつ!凄いでしょ。
大画面に映す必要性があるのって?つっこみは
なしです(汗 ←結構本人が思ってるかも^^。

入院してる人へのお見舞いになかなか行けない時に
テレビ電話ではげましてあげるのもいいかもです。

声だけよりも顔を見ながら励ましてあげる方が
効果あると思いませんか?

もちろん通話可能な場所で!!

スポンサードリンク

アップルテレビ 便利なんですけどね!

アップルテレビって以外に知らない人もいてますが
とても便利ですよ。

本来の使い方以外にもおもしろい使い方あります。

ipadを使っての大画面でのテレビ電話機能です

田舎のおとうさんやおかあさんを
リビングの大画面で見ながら電話できます。

今、ソフトバンクのお父さんときな子が
田舎にいてるので電話してるところをお見せしますね。

遠く離れた田舎にソフトバンクのお父さんと
きな子はiPhone5使ってます。

で僕は自宅のipad2からFaceTimeを使って田舎に
電話します。

田舎のお父さんときな子は電話にでます。

するとipad2と田舎のiPhone5はWi-Fiで
つながりビデオ通話になります。

でipad2とiphon5は繋がりました。

で自宅に接続してあるアップルテレビに
ipad2をミラーリング機能を使って
映し出します。

そうすると
リビングの大画面テレビでお父さんときな子を
見ながら電話することができます。

イメージはこんな感じ(上写真参照)

それって必要あるのってつっこみはなしです。

ぐふふっ。
そんな訳で普段あまり使わないけど
おもしろい使い方をご紹介させて
頂きました。

スポンサードリンク

アップルテレビ ミラーリングはiPhone5可能!

アップルテレビのミラーリング機能でiPhone5に
入ってる動画や写真、でかい画面で見る事ができます。

それからiPhone5やipadもそのままの画面を
そのまま映す事できます。

あっつ!これがミラーリングですね。

動画を再生時はアップルテレビ側だけの再生に
なりますが写真とかは両方での再生が可能。

iphon5の写真をスライドするとアップルテレビ側も
動作がついてきます。

ほんの少しタイムラグがありますが。

ユーチューブ再生の検索操作とかも
アップルテレビのリモコンよりも使いやすいですね。

アップルテレビ iPhoneの写真再生がナイス!

iPhoneから操作も出来て撮影した写真や動画も
大画面で見れます。

写真も大画面で見るとまた一味
違った感じになりますよ。

iPhoneに入ってる大好き曲を聴きながら
撮影写真のスライドショーは圧巻です。

写真がふわっと出て来たと思ったらさっと右にスライド。
で次の写真が出て来たと思ったらふわっと消える。

今度は左方向からしゅんって出て来るんですよ。

静止画で見てるのとはまるで別物。

この演出効果は写真をさらに素晴らしいもんに
変えてくれます。

うわっ!ぎょっ!!
かっこいいって思っちゃいますよ。

この演出効果も何種類もあります。

もちろん、iPhoneで撮った映像も
リビングの大画面で見れます。

本当に便利です^ ^。

写真再生の種類

iPhone5でのスライドショーモードは5種類。
1.キューブ
2.ディゾルブ
3.下にスワイプ
4.左右にスワイプ
5.波紋

アップルテレビでは13種類あります。
1.Ken Burns
2.クラシック
3.シフトタイル
4.スクラップブック
5.スナップショット
6.スライドパネル
7.ハイパーグリッド
8.フォトウォールフォトウォール
9.フォトモビール
10.フリップアップ
11.ホリデーモビール
12.反射
13.折り紙

どれもおもしろいですが折り紙が
一番気に入ってます。

余裕が出来たらそれぞれの動画もアップしようと
思ってます。

でもどれも演出効果は抜群です。

5枚ぐらいの写真のスライドショーでも
ほんと楽しいですよ^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>