関節痛で左膝が痛いです。40代なのに膝痛?効くサプリメントは?

膝痛プロテオグリカン

先日あましん・阪神沿線そぞろあるきに参加して来ました。

阪神沿線そぞろあるき記事はこちら

3月22日(日曜日)のことです。

菜の花とアーモンド、灘の酒造を巡って、春を楽しむって企画。

約12キロのウォーキングです。

以前ならこれぐらい歩いても大丈夫だったんですね。

ところがです・・・。。。

スポンサードリンク

関節痛です。左膝が痛くなりました。

アーモンドフェスティバル会場に到着の約1キロ手前あたりから
左足の膝が痛くなりはじめたんです。

アーモンドフェスティバル会場から深江駅までは無料シャトルバスが
出てて本当に助かりました。

で駅に着いたら階段があるんですが
その階段を降りるのに痛みがはしるんです。

えっつ?
これって何なの?

痛くて痛くて降りれないんですよ(汗

これには参りました。

歳とったんでしょうか?

今まで膝に痛みって考えたことなかったんですが。

膝に持病を持ってる方や痛いっていう人の気持ちが
少しわかった気がします。

ほんと、階段降りるのもロボットみたいに歩くんですよ。

左が痛い場合はまず左足からゆっくりと降ろし次に
右足を降ろすんです。

でまた左足を降ろし右足を降ろす。

この戦法を使うと痛い方の左足をあまり曲げずに
降りることが出来るんです。

たぶん痛くない人はわからないと思いますが(笑

なので左、右、左、右ってのが出来ないんです。

この普通の歩き方だと右足を降ろす時に左膝がかなり
曲げられてこの時に激痛がはしるんですよ(T_T)。

おっと、またまた長くなっちゃいましたね。

いつもの悪い癖です。

スポンサードリンク

関節痛です。まだ40代なのに膝痛で困ってます。

先程、経緯を書きましたが膝痛って一気にくるんですね。

10キロ近くは大丈夫だったんですが。

それ以降、急激に痛みがはしって本当にびっくりしました。

まず痛くなる原因を突きとめないと。

ひとまずネットで原因を調べてみます。

関節痛に効くサプリメントは何?

で原因をネットで調べたら膝の軟骨のすり減りが原因かも
しれませんって記事みつけました。

軟骨の成分が少なくなると骨と骨が当たるらしいですね。
これが原因なのかな?

症状を見ると

☆階段の昇り降りでひざが痛む方

☆立ったり、しゃがむ動作でひざに痛みを感じる方

☆長時間歩くとひざが痛む方

ってあります。

えっつ?

これって今の僕やんって思いながら記事見てました。

でさらに調べると軟骨を形勢してる成分は3つあるんですね。

3大成分とよばれてるものです。

1.プロテオグリカン

2.Ⅱ型コラーゲン

3.ヒアルロン酸

どうやら「プロテウォーク」ってサプリがこの
3大成分を含んでるとのことです。

その中でもプロテオグリカンって成分が
キーポイントみたいですね。

一度買ってみたいと思います。

飲んで適度な運動が健康な秘訣みたいですよ。

ウォーキングから、はじまって適度な運動は
やはり非常に重要なんですね。

自分が膝痛くなってからはじめてこんなこと
考えるようになりました。

やはり自分がそういった目に合わないとどうしても
人事になってしまいますが。

「涙の数だけ強くなれるよ」って歌詞の
意味がよくわかるようになりました。

うん?ちょっとだけ違う???

いえいえ、そう言うことです。

痛みは自分が経験して初めてつらさや、そうなった
人の気持ちが本当にわかるんだと思います。

なんか違う?
まぁいいや^^。

「かわいい子には旅をさせろ」って意味も今回の
膝痛でさらにわかるようになった気がします。

えっ?
これも違う。

いえいえ、旅の途中で色んな経験をして
さまざまな人の思考などを学ぶ絶好の機会だと
思うんです。

つまり、人の気持ちがわかるようになる???

おっと、またまた脱線です。

ただ自分が膝痛を経験して今まで見えなかった物が
見えるようになりました。

人間の目は本当に良く出来てますね。
感心します。

やはり経験に勝るものはないんでしょうね。

そんな訳でプロテオグリカンって興味津々になりました。

今後このキーワードに注目していきたいと思います。

プロテオグリカン

プロテオグリカン

どうやら膝痛の原因は一概には言えませんが
軟骨のすり減りが原因のひとつにあるようですね。

それを補う成分は

1.プロテオグリカン

2.Ⅱ型コラーゲン

3.ヒアルロン酸

その中でもプロテオグリカンは重要だとわかりました。

なので今後プロテオグリカンに注目していきたいと
思います。

健康サプリと適度な運動の相乗効果で今後も
健康で尚且つ元気で過ごせたらいいですね^^。。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>